東日本大震災に関する支援について

日興AMでは、今後の復興に役立てていただくため、継続して被災地のみなさまが必要としている支援を実施してまいります。

2012/09/04 南三陸町立戸倉中学校「体験学習in東京」を実施しました。
~「東日本の子どもたちと歩もうプロジェクト」~
PDF [164KB]
2011/09/09 南三陸町でボランティア活動を行ないました。
~「東日本の子どもたちと歩もうプロジェクト」~
2011/04/14 「ふるさと紀行2020」などの委託者報酬を震災復興の支援に
~「東日本の子どもたちと歩もうプロジェクト」を始動~
PDF [200KB]
2011/04/14 「日興AM従業員チャリティプログラム」による東日本大震災への支援についてPDF [180KB]
2011/03/23 東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援についてPDF [58KB]
  • 被災地でボランティア活動を実施

    日興アセットマネジメントでは2011年3月に復興応援プロジェクト「東日本の子どもたちと歩もうプロジェクト」を立ち上げ、これまでに5回にわたって宮城県本吉郡南三陸町を訪問し、社員参加型のボランティア活動を行なっています。毎回15~30名の社員が参加し、小学校において被災された子どもたち向けにブロックを使った町づくりイベントを実施したほか、ガレキの撤去や漁業支援、中学校における学習支援の活動を行ないました。
    日興アセットマネジメントでは、今後も継続して社員による復興支援の取組みを進めてまいります。

    第1回ボランティア:2011年7月8日~7月9日
    第2回ボランティア:2011年9月30日~10月1日
    第3回ボランティア:2011年10月21日~10月22日
    第4回ボランティア:2012年4月13日~4月14日
    第5回ボランティア:2012年6月22日~6月23日

  • 社内販売会を実施

    東日本大震災の被害に悩む被災地域の産業復興を支援するため、被災地特産品の社員向け販売会を実施しました。販売会では宮城県南三陸町から取り寄せた特産品をはじめ、岩手県や福島県の銘菓、調味料など名産品をセットで販売し、全ての商品が完売しました。
    当日は募金箱も設置し、集められた募金は、宮城県南三陸町の若手漁業者の復興を支援する「南三陸町漁業元気プロジェクト」に寄付いたしました。

    第1回:2012年3月1日開催
    第2回:2013年2月26日開催

  • 「ふるさと学習室」を寄贈

    日興アセットマネジメントでは、東日本大震災の被害を受けた南三陸町立戸倉小学校に「ふるさと学習室」を寄贈いたしました。
    同校では1987年より、「ふるさとを知り、ふるさとを愛し、ふるさとを創る子どもたちの育成」を掲げ、地域と学校が一体となって子どもたちの教育にあたる「ふるさと教育」を行なっています。「ふるさと学習室」は地元の発展に貢献する人材育成のため、蚕の飼育とギンザケの飼育に利用されます。
    日興アセットマネジメントでは、復興を担う被災地の子どもたちの支援に今後も努めてまいります。

  • 南三陸町立戸倉中学校「体験学習in東京」を実施

    2012年8月7日~8月8日の2日間、宮城県本吉郡南三陸町立戸倉中学校の3年生14名を東京の日興アセットマネジメント本社に招待し、体験学習を実施しました。2日間のプログラムの中で、生徒たちは日興アセットマネジメントのオフィス見学や職業体験、築地市場見学、そして復興を目指して生徒たち自らが考えた南三陸町の魅力をPRするプレゼンテーションを披露しました。

このページのTOPへ