議決権行使の考え方

  1. ガイドライン
  2. ガイドライン(全文)
  3. 議決権行使結果

議決権等行使指図ガイドライン


日興アセットマネジメント株式会社

投資先企業に対する議決権は、中長期的に企業価値を増加させるために、株主に与えられたもっとも重要な権利です。日興アセットマネジメント(以下、「当社」)は、受託者責任を果たすため、独立した立場から、もっぱら当社の顧客および受益者の利益のみを目的として、議決権を行使します。

投資先企業のガバナンスの監視、株主価値の増加という目的を達成するために、当社では、以下の点に特に注目して議決権を行使するよう努力してまいります。

詳細は、議決権等行使指図ガイドライン(全文)をご覧ください。

総則

第1条 目的
第2条 定義
第3条 基本姿勢
第4条 判断権者等
第5条 指図の種類
第6条 顧客からの要請
第7条 外部委託ファンドの取扱い
第8条 不統一行使
第9条 スクリーニング
第10条 改廃

各論

第11条 株主還元
第12条 取締役および社外取締役の選任
第13条 監査役および社外監査役の選任
第14条 会計監査人の選任
第15条 役員報酬
第16条 役員報酬への諮問投票
第17条 役員・会計監査人の責任
第18条 新株予約権発行
第19条 支配権を争う議案または買収防衛策
第20条 再構築関連
第21条 新株発行
第22条 その他の会社提案
第23条 株主側提案

※上記ガイドラインは、平成24年6月26日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

このページのTOPへ