楽 読(ラクヨミ)マーケットの旬な話題が楽に読める、1枚ものの資料です。新聞記事や、経済ニュース、 各種統計、用語解説などの中から、そのときどきのトピックスを取り上げ、分かりやすく 解説しています。(週2回程度)

過去掲載分の楽読(ラクヨミ)

日付
2015年12月
12月28日 短期的な変動に一喜一憂しない資産運用
~キーワードは長期投資と分散投資
[HTML版]
12月28日 過去の経験則から2016年の日本株式市場を考える[HTML版]
12月22日 ニッポン1億総活躍社会への道程
~経済成長の加速に期待~
[HTML版]
12月21日 ブラジルの財務相がついに交代
~財政健全化路線の先行きに懸念~
[HTML版]
12月9日 6年10ヵ月ぶりの安値をつけた原油価格
~米当局は2016年に持ち直しを予想~
[HTML版]
12月7日 改善が続く米国の雇用市場
~12月の利上げがほぼ確実視される情勢に
[HTML版]
12月7日 ブラジルの大統領弾劾の動きについて
~目先、不透明感が強まる恐れも~
[HTML版]
12月4日 本日の日本株式市場の下落について[HTML版]
12月1日 12月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
12月1日 日本の産業活性化の起爆剤に~TPP関連政策大綱まとまる~[HTML版]
2015年11月
11月25日 トルコ軍によるロシア軍機撃墜について[HTML版]
11月24日 今後も期待されるインバウンド消費の拡大
~内需関連株の上昇の原動力に~
[HTML版]
11月16日 モノとモノがつながり、世界が変わる[HTML版]
11月9日 金融資産の「収益性」への意識の高まり
~「株式文化」が根付く契機に~
[HTML版]
11月9日 日本株の一段高に期待
~アノマリーから見る株式市場の動向~
[HTML版]
11月4日 ASEAN経済の自由化によって成長加速が期待される民間病院グループ[HTML版]
11月2日 トルコのやり直し総選挙で
与党AKPが予想外の圧勝
[HTML版]
11月2日 11月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年10月
10月30日 “製造業からサービス業”への構造転換が進む中国、次期5ヵ年計画の方針が明らかに[HTML版]
10月29日 時間分散を味方につけて賢い資産運用を[HTML版]
10月28日 人民元のSDR入り決定は秒読み?[HTML版]
10月26日 追加金融緩和に踏み切った中国
~「世界の消費市場」としては堅調~
[HTML版]
10月23日 年内の追加金融緩和の可能性を強く示唆したECB[HTML版]
10月23日 堅調な経済成長を背景に上昇が期待されるインド株式[HTML版]
10月23日 ニュージーランドの中長期的な輸出拡大に期待
~TPPにより巨大経済圏誕生へ~
[HTML版]
10月19日 米国で高まる原油輸出解禁論
~特例の下で輸出は既に拡大~
[HTML版]
10月19日 自然科学分野で中国初のノーベル賞受賞により、注目高まる中医学(漢方)[HTML版]
10月19日 2つの経済連携協定 ~TPPが大筋合意、次はRCEP・・・[HTML版]
10月15日 売買高からみる日経平均株価の位置
~ひとまず、日経平均株価が20,000円に戻るかに注目
[HTML版]
10月9日 世界的に株式市場の軟調が続くなか、底堅く推移するアジア・ヘルスケア株式[HTML版]
10月7日 IMFの世界経済見通し~世界の経済成長は下方修正も、2016年は再び加速[HTML版]
10月5日 政権運営の建て直しに動いたブラジル
~財政健全化の推進に期待がかかる~
[HTML版]
10月1日 10月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年9月
9月29日 本日の日本株式市場の下落について[HTML版]
9月28日 経済重視の政策運営が期待されるオーストラリアの新政権[HTML版]
9月25日 不安定な市場環境が続くなか、底堅く推移する先進国債券[HTML版]
9月25日 相場格言から見る米国株式市場の動向[HTML版]
9月25日 最安値を更新したブラジル・レアル[HTML版]
9月18日 海外情勢を注視し、FRBは利上げ開始を見送り[HTML版]
9月16日 市場の落ち着きとともにJ-REITは上昇をうかがう展開に[HTML版]
9月14日 好調な中国のネット通販
~産業構造の転換を垣間見る~
[HTML版]
9月10日 ブラジルの格下げについて
~財政健全化に向けての契機となるか~
[HTML版]
9月10日 利下げが続くニュージーランド
~今後の経済見通しは?
[HTML版]
9月2日 中国の経済指標から見えてくるものは・・・[HTML版]
9月1日 9月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
9月1日 「JPX日経インデックス400」~ 銘柄入れ替えについて~[HTML版]
2015年8月
8月31日 落ち着きを取り戻しつつある世界の金融市場[HTML版]
8月31日 相場の短期の振れに惑わされないことが肝要
~中長期の株式投資で将来に備える~
[HTML版]
8月26日 中国本土株式市場は、足元で調整局面は続くも、投資機会を探る展開か[HTML版]
8月26日 40米ドル台を割り込んだ原油価格[HTML版]
8月25日 世界同時株安が続く金融市場[HTML版]
8月24日 最近の日本株式市場の下落について[HTML版]
8月20日 通貨安が一段と進んだトルコ
~米利上げ後には追随利上げも~
[HTML版]
8月14日 ROEの向上で日本株式はさらなる高みに[HTML版]
8月13日 景気対応を本格化した中国
~中長期的にはアジア諸国にも恩恵~
[HTML版]
8月12日 原油価格が6年ぶりの安値
~過去の米利上げ局面における値動き~
[HTML版]
8月11日 事実上の通貨切り下げに踏み切った中国[HTML版]
8月7日 賃料上昇への期待高まるJ-REIT[HTML版]
8月6日 足元の新興国株式の動きについて
~過去の米利上げ時の動きを参考に
[HTML版]
8月6日 汚職疑惑捜査が拡がるブラジル[HTML版]
8月3日 8月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年7月
7月29日 政治面での不透明感が続く中、
地政学的リスクが高まったトルコ
[HTML版]
7月27日 ブラジル政府が財政目標を大幅に引き下げ
~格付の行方に再度、注目が集まる~
[HTML版]
7月23日 連続利下げを決定したニュージーランド[HTML版]
7月17日 ニュージーランド・ドルの軟調について[HTML版]
7月16日 今年の政府目標「+7%前後」を維持した中国の4-6月期GDP成長率[HTML版]
7月14日 中長期的な収益成長が注目されるアジアREIT
~中国本土株式が急落するなか、下落は限定的~
[HTML版]
7月10日 IMFの世界経済見通し
~2016年にも世界の経済成長は加速
[HTML版]
7月9日 軟調な展開が続くJ-REIT
~不動産市況からは投資妙味がうかがえる~
[HTML版]
7月9日 調整局面を迎えた中国株式市場[HTML版]
7月8日 本日の日本株式市場の下落について[HTML版]
7月6日 ギリシャ情勢と今後の見通しについて[HTML版]
7月1日 中国本土株式市場の急落について[HTML版]
7月1日 7月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年6月
6月17日 「一帯一路」構想による経済波及効果が期待される中国[HTML版]
6月15日 年内の米国利上げ観測が強まるなか注目集まるバンクローン[HTML版]
6月15日 オセアニア通貨および米ドルの推移[HTML版]
6月11日 ニュージーランドの利下げについて[HTML版]
6月10日 市場の過剰反応に押されるメキシコ・ペソ
~米国景気の改善はメキシコの好材料~
[HTML版]
6月8日 企業変革という日本の好機を捉える[HTML版]
6月8日 ブラジル経済、回復の条件とは?[HTML版]
6月8日 トルコの総選挙で与党が過半数割れ
~連立交渉や経済閣僚人事に注目~
[HTML版]
6月5日 進む円安、長期トレンドにも変化が[HTML版]
6月1日 6月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年5月
5月26日 過去最高を更新した時価総額
~金融商品として見た際の株価水準とは
[HTML版]
5月25日 中国の医薬品市場改革で
競争力が求められる医薬品メーカー
[HTML版]
5月21日 「円安離れ」の動きを示す日本株式
~海外資金の流入拡大が見込まれる~
[HTML版]
5月21日 リスク資産への回帰が見られる欧州金融市場[HTML版]
5月18日 依然、不透明なギリシャ情勢
~支援融資の再開交渉は継続
[HTML版]
5月13日 金利の「力(ちから)」を利用する[HTML版]
5月8日 足元の原油価格の動きとMLPの動向[HTML版]
5月1日 5月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年4月
4月30日 事業環境や資金調達環境の改善が
期待される中国不動産企業
[HTML版]
4月30日 本日の日本株式市場の下落について[HTML版]
4月30日 各国の通貨価値を考える
~金価格から見た通貨価値の推移
[HTML版]
4月24日 上昇基調が続く日本株式
~今の水準は割高なのか?
[HTML版]
4月23日 足元で反発がみられる原油価格
~持続的な回復に向けた条件とは?~
[HTML版]
4月20日 総選挙を前に揺らぐトルコ・リラ
~景気は底打ちから改善へ~
[HTML版]
4月17日 拡大が期待される中国のヘルスケア市場[HTML版]
4月15日 IMFの世界経済見通し
~米国の成長率予測は下方修正も日欧は上方修正
[HTML版]
4月13日 厳しい日本のふところ事情
~「財政健全化」が急務に
[HTML版]
4月13日 個人投資家の動きにも変化の兆し
~企業変革や経済の好循環に高まる期待~
[HTML版]
4月6日 世界的な低金利環境が、債券市場の追い風に[HTML版]
4月6日 売られ過ぎの修正の動きを見せる
ブラジル・レアル
[HTML版]
4月1日 4月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年3月
3月25日 魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場[HTML版]
3月20日 米原油価格が約6年ぶり安値
~原油を取り巻く環境の改善が期待される~
[HTML版]
3月19日 関心の高まりが期待されるCoCo債
~日本でも大手銀行が発行開始~
[HTML版]
3月19日 利上げを急いでいないことを示唆したFRB
~利上げ開始後には過度の懸念の反動も~
[HTML版]
3月19日 政治面での懸念が高まったブラジル[HTML版]
3月18日 消費市場の拡大により更なる経済成長が期待できるアジア[HTML版]
3月11日 市場拡大が続くJ-REIT
~需給懸念はあるが収益力に期待が持てよう
[HTML版]
3月10日 投資先資産をリスクから考える[HTML版]
3月6日 リスク資産に回帰しつつある欧州金融市場[HTML版]
3月5日 克服すべき試練と対峙するブラジル
~悪材料の織り込みが進む通貨レアル~
[HTML版]
3月4日 ニュージーランド・ドルの今後の見通しについて[HTML版]
3月3日 金融と財政、両面の政策調整により
景気支援の姿勢を示した中国
[HTML版]
3月2日 3月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2015年2月
2月27日 慎重な金融政策を貫くトルコ中央銀行
~ユーロ圏での量的緩和は追い風に~
[HTML版]
2月26日 インフレ懸念の後退を受け、景気の底上げに動いたインドネシア中央銀行[HTML版]
2月26日 厳しい日本のふところ事情~「財政健全化」が急務に[HTML版]
2月25日 金融緩和を背景に堅調な世界の株式市場[HTML版]
2月25日 成長加速などに伴ない、
持ち直しが見込まれるメキシコ・ペソ
[HTML版]
2月13日 企業業績の改善などを背景に
上昇が期待される賃金
[HTML版]
2月5日 トルコ・リラを取り巻く環境について
~振れの大きな展開となる可能性も~
[HTML版]
2月5日 足元の原油価格の動きとMLPの動向[HTML版]
2月5日 多くの都市でオフィス賃料は今後も上昇する見通し[HTML版]
2月4日 予想外の利下げに踏み切ったオーストラリア[HTML版]
2月2日 2月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2月2日 拡大するアジアの医療ツーリズム[HTML版]
2015年1月
1月30日 政策金利は据え置きされるも、堅調な経済に下支えされるニュージーランドドル[HTML版]
1月23日 GDP発表を受けて上昇した中国株式
~徐々に受け入れられる「新常態(ニューノーマル)」
[HTML版]
1月22日 インフレ抑制に向け、
積極的な金融引き締めを続けるブラジル
[HTML版]
1月21日 半年ぶりに利下げに踏み切ったトルコ中央銀行[HTML版]
1月21日 IMFの世界経済見通し
~下方修正ながら2015、16年に成長率は緩やかに加速
[HTML版]
1月19日 「川中」分野を中心に引き続き注目されるMLP[HTML版]
1月19日 原油を取り巻く環境は複雑多岐[HTML版]
1月16日 原油安の恩恵を受けるインド~中央銀行は緊急利下げを実施[HTML版]
1月16日 2015年の日米株式市場に期待されるアノマリー[HTML版]
1月13日 足元では軟調ながら、
引き続き注目されるメキシコ・ペソ
[HTML版]
1月9日 過去の好パフォーマンス資産から考える[HTML版]
1月6日 ギリシャのユーロ離脱懸念などを背景に下落した日本株式市場[HTML版]
1月5日 医療需要の拡大を背景に上昇が期待されるアジア・ヘルスケア株式[HTML版]
1月5日 1月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]

 
投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
当資料は、日興アセットマネジメントが経済、市況ほか、投資環境などについてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
コメントをご覧いただくには


資料の閲覧には、Adobe Reader (無料)が必要です。左のバナーをクリックしてAdobeのページよりダウンロードしてください。


《PDFファイルをダウンロードしてご覧になりたい場合には》
Windowsをお使いの方 Macintoshをお使いの方
1. リンクを右クリック
2.「対象をファイルに保存」を選択
3. 保存する場所&ファイル名を指定
4. OKをクリック
5. ダウンロード開始

1.〈Optionキー〉+リンクをクリック
2. ダウンロード開始