Raku Yomi 楽読(ラクヨミ)

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)


2015年3月20日

Vol.941 米原油価格が約6年ぶり安値
~原油を取り巻く環境の改善が期待される~

国際商品市場では、今月中旬以降に原油価格が再び軟調となっており、ニューヨークWTI原油先物価格は、足元で、およそ6年ぶりとなる1バレル=43米ドル台を付けました(終値ベース)。

この背景には、米国で、エネルギー当局が2015年の米原油生産見通しを引き上げたことや、週間統計により原油在庫の増加が続いていることが確認されたほか、国際エネルギー機関が、原油の供給過剰の解消には時間がかかるとの見通しを示したことなどが、10日以降に相次いだことが挙げられます。また、米国では今年半ば以降に利上げが行なわれるとの観測が強まるなか、米ドルが主要通貨に対して全面高となったことに伴ない、米ドル建てで取引されることの多い原油は、米ドル高が嫌気されたことも、価格の押し下げ要因となりました。

しかしながら、足元の状況を見ると、米国での原油掘削リグ稼働数は今年に入って大きく減少しており、今後、生産調整の進展とともに在庫の調整も進むことが期待されます。こうしたなか、米エネルギー当局は、2016年にかけて原油価格は持ち直し、1バレル=70米ドル台まで回復すると予想しています。また、18日に発表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明などを受け、市場では、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを急いでいないとの見方が拡がっており、これまで急ピッチで進んできた米ドル高に落ち着きが見込まれることなどもあり、原油価格に対して過度に悲観する状況にはないと考えられます。

当面は、短期的な見通しの発表などを受けて原油価格の振れが大きくなる可能性も考えられますが、上記のような動きに加え、米国をはじめとした先進国などでの景気回復・拡大に伴なう原油需要拡大の可能性なども踏まえると、原油を取り巻く環境は改善に向かっているとみられることから、この先、原油価格は緩やかな回復に向かうと期待されます。

【図表】[左図]原油価格とドル・インデックスの推移(2014年1月初~2015年3月19日)、[右図]米国のリグ稼働数の推移(2014年1月第1週~2015年3月第2週)

信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成

※上記は過去のものおよび予想であり、将来を約束するものではありません。

  • 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。