• シリコン(半導体)サイクルは、AIやIoTでスーパー・サイクルになりそう
  • 世界経済の成長エンジンとして、まだ力がある
  • 長期的には、中国の成長が新しいけん引役となりそう

シリコン(半導体)サイクルは、AIやIoTでスーパー・サイクルになりそう

美容形成などに使う(過去には相撲の新弟子検査で身長が足りない候補者が頭に入れたとも言われる)シリコーンとは、ケイ素(Si)を含む有機化合物の総称で天然には存在しない。ここで話題にする「シリコン・サイクル」のシリコンとはケイ素そのもので、半導体などを作る材料であり、シリコーンとは異なる。シリコンとシリコーンが違うとはあまり知られていないのだが、世界的にシリコン(Si)の需要と言えば半導体の素材としての需要という意味で使われる。 (以降、シリコン=半導体で話を進める)