マーケット・ビュー

Investment Insights by our experts and thought leaders

KAMIYAMA Reports vol. 95

インド・デリー訪問: 経済改革は期待に満ちている

KAMIYAMA Reports vol. 94

中国訪問:変貌する深セン

アジア太平洋先進国 - 成長動向にみられる重要な違い

アジア地域における力学のシフトを考慮し、アジア株式へのアロケーションを新興国と先進国に分けるという選択肢もある。

KAMIYAMA Reports vol. 93

2018年に向けて変わる中国

KAMIYAMA Reports vol. 92

MLP投資の未来

中国:現代の大いなる破壊者

中国の経済発展がより洗練され成熟した段階に入っていくなか、20世紀半ば以降当然と考えられてきた現状の多くが課題に直面し始めている。

KAMIYAMA Reports vol. 91

ドイツ選挙後の欧州投資

KAMIYAMA Reports vol. 90

新興国投資の注目点: 「中所得の罠」から脱却できるか

KAMIYAMA Reports vol. 89

日本経済の改善

KAMIYAMA Reports vol. 88

米国貯蓄率低下で消費改善が続こう

KAMIYAMA Reports vol. 87

米国の貿易拡大が世界経済に伝播する

Japan Equity Outlook

技術を新たに活用する企業も生産性向上の恩恵を受ける立場にあり、よってそれら自身も投資機会を提供するものであることにも留意すべきだろう。

KAMIYAMA Reports vol. 86

南欧出張報告:欧州は成長ストーリーへ
~成長するスペイン、転換点を迎えるイタリア

高齢化が進む世界での株式と債券に対する考え方

なぜ配当が重要なのか

量的緩和後の世界におけるボラティリティのミスプライシング

ボラティリティは低すぎるのか、各市場にとってのリプライシングとは

CIOとの対話: ESG(環境・社会・ガバナンス)についての考察

ESGは、持続可能な責任投資を支える3大要因であるEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字である。

なぜアジア新興国でESGを適用するのか?

課題が多くともESGを重視する理由

信用リスクを管理するダイナミックなアプローチ

世界の経済、信用、金利サイクルは非同期化(desynchronised)しつつある。これは、ある市場ではスプレッドが拡大し、レバレッジが上昇していても、他の市場では逆の状態であったりすることを意味する。

About Nikko Asset Management

Key Facts

運用資産総額* 206,836億円**
就業者数*** 850
ポートフォリオマネージャー 108
アナリスト/エコノミスト/ストラテジスト 49
トレーダー/その他スペシャリスト 43

* 運用資産総額(投資助言を含みます。)とその内訳比率は、日興アセットマネジメント株式会社、および海外子会社を合計したものです。

** 2017年6月末現在。

*** 2017年6月末現在。日興アセットマネジメント株式会社、および連結子会社の役社員を含む。