株式

Investment Insights by our experts and thought leaders

中国は世界の工場から東洋のシリコンバレーへ

優秀な人材の豊富さ、資金調達面、市場へのアクセスなどの優位性が自然と備わっており、中国は「東洋のシリコンバレー」へと変貌を遂げるために必要な材料のほとんどが揃っている。

MSCIによる中国A株の採用は中国の世界舞台への堂々たるデビュー

「中国を除くアジア」というポートフォリオが一般的になる日のことを想像してみて欲しい。

日本のコーポレートガバナンスの現状

日本のコーポレートガバナンス・コード改革は、緩やかながらも着実に進んでいるが、最近のコードの改訂を受けて株式持合い解消の機運が高まるだろう。

バブルの凍結から美しい中国へ

最近の訪中を振り返って

アジア太平洋先進国 - 成長動向にみられる重要な違い

アジア地域における力学のシフトを考慮し、アジア株式へのアロケーションを新興国と先進国に分けるという選択肢もある。

Japan Equity Outlook

技術を新たに活用する企業も生産性向上の恩恵を受ける立場にあり、よってそれら自身も投資機会を提供するものであることにも留意すべきだろう。

高齢化が進む世界での株式と債券に対する考え方

なぜ配当が重要なのか

CIOとの対話: ESG(環境・社会・ガバナンス)についての考察

ESGは、持続可能な責任投資を支える3大要因であるEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字である。

About Nikko Asset Management

運用資産総額* 239,348億円**
就業者数*** 841
ポートフォリオマネージャー 109
アナリスト/エコノミスト/ストラテジスト 44
トレーダー/その他スペシャリスト 42

* 運用資産総額(投資助言を含みます。)とその内訳比率は、日興アセットマネジメント株式会社、および海外子会社を合計したものです。

** 2018年6月末現在。

*** 2018年6月末現在。日興アセットマネジメント株式会社、および連結子会社の役社員を含む。