リスク管理体制/コンプライアンス体制

リスク管理体制

日興アセットマネジメントでは、運用部門、営業部門と独立した組織であるリスクマネジメント部門が、全社的なリスク管理活動のモニタリング、指導の一元化を図っています。リスク監督委員会およびその部門別委員会において、各種リスク(運用リスク、オペレーショナルリスク等)に関するモニタリングと報告を実施するとともに、重大なリスクの洗い出し、より予防的なリスクの軽減に繋がる施策、管理手法の構築等に努めています。また、当社グループのリスク管理状況については、これらの委員会を通じて経営陣に報告しています。

コンプライアンス体制

日興アセットマネジメントはコンプライアンスの維持・向上を経営の最重要課題の一つとして位置付けています。役社員がその社会的使命を自覚し、顧客に忠実な業務遂行を行い、顧客からの信頼を得るために、当社は海外子会社等を含むグループ全体でのコンプライアンス体制を構築しています。また、研修を通じて全組織にコンプライアンス意識を広めるなど、コンプライアンスを当然と考える企業文化の創造に努めているほか、内部通報制度(「日興AMホイッスル・ライン」)を設置し、当社グループの役社員による違法・不正行為を未然に防止し、早期に発見して必要な措置を講じる体制を整備しています。