fintech fintech

What’s FinTech

経済と表裏一体の「お金」に起こる“革命”

フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)と情報技術(Technology)を組み合わせた造語で、最新の情報技術を駆使した「新たな金融サービス」のことを指します。言い換えば、「お金のデジタル化革命」です。

フィンテックは、スマートフォンのアプリを通じた金融サービスを中心に急成長しており、その便利性の高さから、「私たちの生活を一変させるイノベーション」として注目されています。

動画でわかる FinTech

画像をクリックするとyoutubeへリンクします。

フィンテックの主な事業領域

既存の金融機関より圧倒的な安いコストで、より高い品質のサービスを提供

(図)フィンテックの主な事業領域

フィンテックの市場規模予想

広大な規模感ゆえに、ロボティクスに並ぶ、息の長い“メガトレンド”として注目

(図)フィンテックの市場規模予想
  • 邦貨換算レートは1米ドル=115円
  • 出所)モバイル決済の市場規模予測:ARK 社、名目GDP:OECD
  • ※ 上記は過去のものおよび予想であり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

Why FinTech Revolution

爆発的革命の可能性を持つ投資テーマ、FinTech

「お金」という、私たちの生活に近いところだからこそ想像もつかない規模で、爆発的に拡がる可能性。

「お金」にまつわる不可逆な新サービス

画像をクリックするとyoutubeへリンクします。

 
 

「爆発的革命」と予感させる背景1

ミレニアル世代*が今後の経済を担うという事実

  • すでに米国生産年齢人口の約4割、世界では約5割を占める。
  • まだ世の中に存在しない、彼らに向けた革新的なサービスと企業が次々と誕生する予感。
  • * 80年代前半以降に生まれたデジタル世代。
  • 上記は、フィンテック関連する企業の動画(外部サイト)のご紹介です。各企業が公開する動画を各企業の許諾を得た上でご紹介しますが、日興アセットマネジメントはそれら企業および銘柄、またそれら企業の商品やサービスについて、売買などを推奨するものではありません。また、当社ファンドにおける保有の有無、並びに将来の組み入れ、もしくは売却を示唆するものでもありません。
  • 日興アセットマネジメントは、本サービスまたは弊社サイトをご利用中に生じた、いかなる損害についても責任を負いません。詳しくは、免責事項をご確認ください。

「爆発的革命」と予感させる背景2

新興国にこそ、モバイル金融の巨大ニーズという事実

  • 中国の電子決済市場は約140兆円*と、日本の国家予算の1.5倍の規模に。
  • 銀行が普及していないが故に、ケニアではGDPの約40%に相当する金額が携帯回線を使った電子マネー経由**。
  • インドでは、高額紙幣廃止をきっかけにフィンテックが加速。
  • * 日本経済新聞 2016年8月24日記事より。
  • ** Safaricom社ホームページより。
  • 上記は、フィンテック関連する企業の動画(外部サイト)のご紹介です。各企業が公開する動画を各企業の許諾を得た上でご紹介しますが、日興アセットマネジメントはそれら企業および銘柄、またそれら企業の商品やサービスについて、売買などを推奨するものではありません。また、当社ファンドにおける保有の有無、並びに将来の組み入れ、もしくは売却を示唆するものでもありません。
  • 日興アセットマネジメントは、本サービスまたは弊社サイトをご利用中に生じた、いかなる損害についても責任を負いません。詳しくは、免責事項をご確認ください。

「爆発的革命」と予感させる背景3

“国策”がフィンテックの浸透を後押しする期待

  • 金融機関へのフィンテック導入促進の他、銀行システムへの外部アクセスを可能にするAPI*推進など、フィンテック企業の育成を期した規制緩和などが日本はじめ各国で試みられている。
  • 改正銀行法成立(2016年5月)

  • 新決済サービス指令(PSD**2)

  • OCC(米国通貨監督庁)による
    「責任あるイノベーション」に向けた取り組み

  • * Application Programming Interface
  • ** Payment Services Directive
  • ※ 上記は一例であり、他にも様々な議論が進んでいます。

Why ARK Invest

ARK Investについて

従来の運用会社とまったく異なる先端テック専門運用集団が日本初上陸*

日興アセットが今回初めて選定したのは、ニューヨーク・チェルシーというGoogleやtwitterなどテクノロジー企業の集積地に居を構える新進気鋭の運用会社ARK(アーク)。

大手運用会社で世界テーマ株のCIOを長く務めたCatherineが2014年に創業した運用会社。テクノロジーとイノベーションにのみフォーカスする。Catherine以外に金融出身者は少なく、アナリストの3分の2がシリコンバレーの企業などの出身者。“破壊的イノベーションの発掘”に特化した、非常に珍しい運用会社。

なお、2017年8月、日興アセットはイノベーション関連投資の長期的で大きな可能性に着目し、ARKに一部出資。ARKは日興アセットグループの一員に。

  • Catherine D. Wood

    Catherine D. Wood創業者、CIO/CEO

  • 2014年1月にARKを設立する前は12年間大手運用会社にてグローバルテーマ株式運用のCIOとして50億ドル以上を運用していた経験を持つ。
  • ダボス会議に出席したり、2016“Women in Finance-Outstanding Contribution Award”に選ばれたりするなど、業界で今最も注目される女性のひとり。
  • ARK Investとは

    画像をクリックするとyoutubeへリンクします。

  • テック企業の集積地に居を構えるARK社

    テック企業の集積地に居を構えるARK社
  • * 日本で設定された公募投資信託として(日興アセットマネジメント調べ/2017年3月15日時点)
  • ※ 当ページ内の企業名はあくまでも参考のために掲載したものであり、個別企業・サービスの推奨を目的とするものではありません。また、当社ファンドにおける保有・非保有および将来の銘柄の組入れまたは売却を示唆・保証するものでもありません。

ARK's Research Eco-Systemとは

伝統的な運用会社と異なる、ユニークな調査手法
「ARKリサーチエコシステム」

出身のテック企業やMITなど技術系大学の人脈に加え、SNSも含むネットも駆使して破壊的イノベーションの発掘と、その投資テーマとしての確信度を鍛え上げる独自のコンセプト。

  • メディアやSNSを活かしたテーマ検証
  • シリコンバレー人脈を活かしたイノベーションの発掘
  • テーマアナリストによる企業調査
  • アーク・リサーチ・エコ・システム
  • ARKリサーチエコシステムとは

    画像をクリックするとyoutubeへリンクします。

FinTech リサーチチームのご紹介

ARKならではのイノベーションに特化した調査・
運用チーム

アナリストの3分の2がシリコンバレーの企業などの出身者からなるARK。その中でも、“破壊的イノベーションの発掘”のために特別に組まれた、フィンテック・チーム。

  • Catherine D. Wood

    Brett Wintonリサーチヘッド

  • MIT(マサチューセッツ工科大)卒で機械工学に深い造詣を持ち、ARKのリサーチを指揮する。
  • 大手運用会社でCatherineと共に、「破壊的イノベーション」へのテーマ投資を10年以上行なってきた。
  • 金融サービスやソーシャルメディアのリサーチなどに強みを持つ。
  • Bhavana Yarasuri

    Bhavana Yarasuri

  • スタンフォード大を卒業後、国連などで新興国向けの金融教育ツール開発などに携わる。その後American Expressで決済システムやソフトウェアの開発に携わる。

    デジタル決済、デジタルバンキング、コンシューマーファイナンスなどに強みを持つ。

  • James Wang

    James Wang

  • NVIDIA社に9年間務めた後、ARKに入社。ニューサウスウェールズ大学時代の専攻はコンピューターエンジニアリング。

    テクノロジー業界についての雑誌や出版物での執筆多数。

  • Sam Korus

    Sam Korus

  • ペンシルベニア大学卒。専攻は認知科学(コグニティブコンピューティング)。

    ロボティクス、代替エネルギー、宇宙開発などを担当。

  • ※ 上記はARK社から提供された2017年2月末現在における情報であり、将来変更となる場合があります。

商品ラインナップ

ページトップ