楽読Basics(ラクヨミベーシック)
▶ ファンドを選ぶ前に

① 株と債券とREITをザックリと 第5話

公開日
株式・債券・REIT、3資産の位置付けと特徴をもうちょっと詳しく!
株式=資産運用のエンジン役。日々の値動きは大きいが、時間をかければ  大きな上昇が期待できると考えて保有する資産。値上がり益がメインだが、配当も収益源。
債券=資産運用のクッション役。定期的な利子収入をメイン目的として保有する資産。満期までの間には、債券価格が下落することもあるが、株式よりは一般に値動きが小さい。
REIT=比較的 ニューフェイス。主に不動産賃貸を行なう法人がREIT。株式の配当金にあたるものが比較的高いため、株式と債券の中間の性質とも。一方、REIT価格は株式並みに大きく動く。
投信マンのつかみはOKだったようです。次回もお楽しみに!

位置付けについて、もう少し!

それでは今回は、株式・債券・REIT(リート)の位置付けとその特徴を順番に見ていきましょう。

まずは株式。
資産運用のエンジン役です。
日々の値動きは大きいですが、時間をかければ大きな上昇が期待できると考えて保有する資産。
値上がり益がメインですが、配当も収益源となります。

続いて債券。
資産運用のクッション役です。
定期的な利子収入をメイン目的として保有する資産で、満期までの間には、債券価格が下落することもありますが、株式よりは一般に値動きが小さい特徴があります。

最後にREIT(リート)。
比較的新しいので、「ニューフェイス」と位置付けましょう。
主に不動産賃貸を行なう法人がREIT。
株式の配当金にあたるものが比較的高いため、株式と債券の中間の性質ともいえます。
一方、REIT価格は株式並みに大きく動く特徴があります。

ではそれぞれどんなときに値動きがあるのでしょうか?
こちらは次回お話しします。どうぞお楽しみに!