社会貢献活動について

  • おカネについて楽しく学ぶ機会を!「夏休み親子お金研究室」を定期的に開催しています

    「夏休み親子お金研究室」では、身近な話題から、「景気が良いとは?」「円高・円安」「為替」といった経済の基礎から、「お金がもっているチカラ」「積立」など、日々の生活とお金とのつながりを親子で一緒に楽しみながら学ぶ機会を提供しています。
    日興アセットマネジメントは、次世代を担う子供たちの金融リテラシー向上を推進すべく、当イベントを2011年から、子供たちの夏休みの時期に合わせて継続して開催しています。
    2017年7月26日当時の様子はこちら

  • FIT for Charity Runに参加しています

    Financial Industry in Tokyo (FIT) for Charity Runは、東京で事業を展開する金融サービス企業が日本の非営利団体を支援するために結成した業界規模のチャリティ・イベントです。 日興アセットマネジメントは、2006年の第2回大会から毎年イベントの企業スポンサーおよび実行委員として参加しています。

  • 子ども用車椅子の整備例会に参加しています

    日興AM従業員チャリティプログラムの寄付先団体である「NPO法人 海外に子ども用車椅子を送る会」が毎月実施している子ども用車椅子の整備例会に参加しています。 整備例会では日本で使われなくなった中古の子ども用車いすを整備し、生まれ変わった車椅子を発展途上国の子どもたちに無償で届けられています。

  • 子ども用車椅子の贈呈式に参加しました

    日興AM従業員チャリティプログラムの寄付先団体である「NPO法人 海外に子ども用車椅子を送る会」がマレーシアで実施した車椅子贈呈式に日興アセットマネジメント アジアの社員が参加しました。
    マレーシアで贈られた70台の車椅子は、日興AMの有志社員も参加して整備を行ない、日興AM従業員チャリティプログラムの寄付金が輸送費などの一部にあてられました。

社員による社会貢献プログラム「日興AM従業員チャリティプログラム」を運営しています。

「日興AM従業員チャリティプログラム」は、非営利団体への支援を通じて、よりよい社会づくりに貢献することを目的として日興アセットマネジメントの社員によって運営されています。
日興アセットマネジメント社内から寄せられた寄付金をさまざまな社会問題への取り組みに活用し、助成先団体のみなさまとともに誰もが暮らしやすい地域社会づくりのために活動を展開しています。

2017年助成先団体のご紹介



【写真】海外に子ども用車椅子を送る会(福祉、ダイバーシティ、国際交流活動)

海外に子ども用車椅子を送る会(福祉、ダイバーシティ、国際交流活動)

活動地域:
東京、アジア、アフリカ、南米
活動内容:
日本で不要になった子ども用車椅子を途上国の子どもたちに無償で届けている団体です。
寄付金の使途:
車椅子の輸送費や事業費として活用されます。
最近の活動:

【写真】フェアスタートサポート(子ども、教育活動、福祉、ダイバーシティ、国際交流活動)

フェアスタートサポート(子ども、教育活動、福祉、ダイバーシティ、国際交流活動)

活動地域:
主に神奈川、東京
活動内容:
貧困など家庭の事情により18歳で就職自立する若者への就労支援を行なっています。
寄付金の使途:
就労支援の運営強化に活用されます。

【写真】みらいの森(子ども、教育活動)

みらいの森(子ども、教育活動)

活動地域:
関東、東北
活動内容:
児童養護施設で暮らす子どもたちの幸せで実りある成長をサポートするアウトドアプログラムを提供しています。
寄付金の使途:
サマーキャンプの運営費、ウェブサイトのリニューアル費用に活用されます。

災害義援金

日興AM従業員チャリティプログラムでは、自然災害で被害にあわれた方に義援金をお送りしています。

2018年

西日本豪雨災害への義援金

2016年

熊本地震への義援金

2015年

ネパール地震への義援金

2013年

フィリピン台風への義援金

2011年

東日本大震災への義援金

プレスリリース
「日興AM従業員チャリティプログラム」による東日本大震災の支援について [180KB]
  1. 東日本大震災に関する支援についてはこちら

ニュージーランド地震への義援金

2010年

中国青海省地震への義援金


このページのTOPへ