全社を挙げて壮行会をしてくれた温かい会社
弟子入りしたい大尊敬する先輩もいます

山口 貴久
マーケティング部

――今担当されている業務内容は?

マーケティング部で、動画編集とウェブサイトの管理を担当しています。また、入社当初は車いすラグビーの選手として採用されたアスリート社員でしたので、練習、トレーニング、合宿や試合への参加も業務のひとつでした。

――日興アセットに入ったきっかけは?

前職では半導体メーカーで生産管理の仕事をしていましたが、一般採用でした。リオパラリンピックの前に車いすラグビーのトレーニングに集中できる環境を求めて、アスリート採用をしてくれる会社を探して日興アセットを見つけました。

alt

――日興アセットってあなたにとってどんな会社?

一言でいうと、パラリンピックに連れて行ってくれた会社ですね(笑)。

――これまで仕事で一番うれしかったこと、くやしかったことは?

一番うれしかったのはリオパラリンピックの前に全社を挙げて壮行会をしてくれたこと。皆さんからの温かい言葉に涙が出そうでした。悔しかったのは東京パラリンピックへの出場を断念しなければならないと徐々に思い知らされた時です。

――尊敬できる先輩はいますか?

マーケティング部の人達全員の行動力を尊敬しています。自分は慎重で、考えて、考えて、ようやく動くタイプなので、みなさんのフットワークの軽さをすごいと思っています。また、先輩の作っている動画が素晴らしくて、いつかあんな動画を作れるようになりたいと思っているので、弟子入り志願中です。もう先に志願している人がいるようなので、二番弟子でお願いしたいなと(笑)。

alt

――仕事をするうえで一番大事にしていることは何ですか?

もともとはアスリート社員でトレーニングも仕事のうちということにしていただいていたのですが、現在はマーケティング部の業務を大事にしたいと強く感じています。アスリート社員時代にとても温かく支えていただいた分、通常業務でもしっかりと恩返ししていきたいです。

alt

――山口さんを一言で表すと?

良くも悪くも客観的な人間だと思います。車いすになるきかっけとなった交通事故の後にも「歩けなくなりますね」と言われて「でしょうね」と。この状態で歩けるわけないと思っていたので。自分のこともいつも客観的に見ていますね。


――オフの時間は何をしていますか?

これが一番困る質問なんですが、一日中家から一歩も出ないでひたすらダラダラしています(笑)


――これから日興アセットに入る人に一言アドバイスするとしたら?

いろんなワーキンググループがあったり、多様な働き方ができる会社だと思うので、自分に合った効率的な働き方もみつけられる場所だと思います。


車いすラグビー、山口選手のインタビュー記事

パラアスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた ※株式会社ウェッジのページに移動します。