Read : 読んでわかる

NISA(少額投資非課税制度)の概要を知る

NISAのメリット

一般口座、特定口座を利用「20%」→NISA利用「0%」

(図)投資信託での非課税のイメージ最大のメリットは、非課税口座で投資をすると、譲渡所得、配当所得が非課税になることです。

非課税になる投資対象は、株式投資信託と上場株式です。

投資信託でいえば、基準価額が上昇したときに受け取る「分配金(普通分配金)」と、売却時の「値上がり益」が非課税になります。

2013年1月1日から2037年12月31日までの間(25年間)に生じる所得には、その所得税額の2.1%が『復興特別所得税』として課税されます。

NISAの概要

1.非課税対象

非課税口座で保有する株式投資信託や上場株式の配当所得、譲渡所得

2.非課税投資枠

毎年120万円まで ※投資を行なわなかった非課税投資枠を翌年以降へ繰り越すことはできません

3.非課税期間

投資をはじめた年を含めて5年間、途中売却は自由 ※売却部分を再利用して投資することはできません
※NISAの非課税口座以外で発生した損益と損益通算することはできません

4.口座開設の有資格者

口座を開設する年の1月1日時点で、20歳以上の日本の居住者、または、20歳以上で恒久的施設を保有する非居住者

制度概要イメージ

このページのTOPへ

  • ※当資料は、日興アセットマネジメントがNISAについてお伝えすることなどを目的として作成した資料です。当資料は、資料作成時において信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・完全性について弊社が保証するものではありません。また、法令・制度等の変更により将来変更される可能性があります。