楽 読(ラクヨミ)マーケットの旬な話題が楽に読める、1枚ものの資料です。新聞記事や、経済ニュース、 各種統計、用語解説などの中から、そのときどきのトピックスを取り上げ、分かりやすく 解説しています。(不定期)

facebook、Twitterで更新情報を配信しています。

過去掲載分の楽読(ラクヨミ)

2020年9月
9月23日 世界景気の回復見通しは盤石か?
~注目される米国の追加財政支援策の行方~
9月23日 コロナ禍で注目が集まるゲノム技術②
~実用化へ向けた動きが進むゲノム関連技術~
9月15日 見直したい家計の金融資産~長期分散投資で「おカネ」を活かす~[HTML版]
9月15日 消費関連セクターを牽引役に、コロナ禍でも堅調に推移する中国本土株式市場[HTML版]
9月15日 世界のコロナ対策で重要な役割を担う
アジアのヘルスケア企業
[HTML版]
9月9日 世界で進むスマートシティ構想
~MaaSの発展にも期待~
[HTML版]
9月8日 コロナショック後も堅調を維持する先進国債券[HTML版]
9月7日 コロナ禍で注目が集まるゲノム技術
~ゲノム解析が感染症対策の基幹技術に!?~
[HTML版]
9月1日 9月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年8月
8月31日 リフレ政策が支える、世界景気の回復
~検討したい、分散投資の対象拡大~
[HTML版]
8月31日 対立を深める米国と中国、株式投資における意外な相性の良さ[HTML版]
8月26日 ゲノム技術が変える地球環境の未来
~ゲノム技術は重要な投資テーマに!?~
[HTML版]
8月24日 潜在的リスクが高まるトルコ金融市場
~利上げ判断が遅れれば、ツケが膨らむ可能性も~
[HTML版]
8月14日 コロナショックを機に更なる注目を集める「NASDAQ100指数」[HTML版]
8月11日 約10年ぶりの下落率を記録した米ドル
~感染拡大だけでなく、ワクチンの開発動向にも要注目~
[HTML版]
8月5日 長期投資のススメ
~「Stay Market」の重要性~
[HTML版]
8月3日 8月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年7月
7月31日 史上最高値を更新した金
~好材料が揃い、追い風が続く見通し~
[HTML版]
7月28日 膠着状態が続くトルコ・リラ
~難しいかじ取りを迫られる中央銀行~
[HTML版]
7月27日 コロナ禍を機に結束を示した欧州
~今後の統合深化の可能性に注目~
[HTML版]
7月20日 米小売売上高はコロナ禍前の水準を回復
~ただし、感染の再拡大もあり、「財政の崖」への対応に要注目~
[HTML版]
7月15日 デジタル革命でグローバル化は新たな段階へ
~先進国は高度な技術や質の高いサービスの輸出を目指すべき~
[HTML版]
7月10日 金融市場を支える、前例のない財政・金融政策
~過度の楽観と同様に、悲観的になりすぎることも避けるべき~
[HTML版]
7月10日 上昇基調を強める深セン株式市場[HTML版]
7月8日 香港国家安全法の施行と中国株式投資の視点[HTML版]
7月1日 7月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年6月
6月25日 IMFは事前の告知どおり、世界経済見通しを下方修正[HTML版]
6月23日 ETFからの資金流入もあり、中長期の堅調な推移が期待される金[HTML版]
6月18日 中国企業の「自国回帰」で市場の魅力向上が期待される香港証券取引所[HTML版]
6月12日 改めて大きく動揺した世界の金融市場
~行き過ぎの反動の面が強く、必要なのは悲観よりも冷静さ~
[HTML版]
6月12日 早期のコロナ封じ込めがセンチメントの改善に
~堅調に推移するオセアニア通貨~
[HTML版]
6月8日 コロナ危機を機に、結束に向けて動き出すEU
~結実すればメルケル独首相のレガシーに~
[HTML版]
6月5日 DX(デジタルトランスフォーメーション)の拡がりとともに活用加速が期待されるデジタルツイン[HTML版]
6月4日 アフターコロナで注目される中国の「新インフラ」~米中問題がデジタルインフラの進展を加速させる可能性も~[HTML版]
6月1日 6月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年5月
5月26日 市場平均からは見えづらい個別の値動き
~業種別から見る市場の姿~
[HTML版]
5月21日 コロナ禍後も厳しい国内景気の見通し
~「未来予想図」という目標に即した投資のススメ~
[HTML版]
5月13日 いち早く上昇に転じた米ナスダック総合指数
~次代をけん引する「次のGAFAM」を探し出せ~
[HTML版]
5月8日 落ち着きを見せ始めたJ-REIT市場
~経済活動再開の行方が先行きを左右しよう~
[HTML版]
5月7日 対円で最安値を更新したトルコ・リラ
~新たな“トルコ・ショック”の可能性に要注意~
[HTML版]
5月1日 5月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年4月
4月30日 待たれる新興国資産・通貨の巻き返し
~新興国からの資金引き揚げには一巡の兆し~
[HTML版]
4月27日 IMFの世界経済見通しの補足
~サブシナリオで想定されるGDP予測の下振れ~
[HTML版]
4月27日 政局不安が台頭するコロナ禍のブラジル
~レアルは新興国通貨の中でも下落が顕著~
[HTML版]
4月22日 経済活動が再開される中国、
内需の押上げに向けて待たれる財政政策
[HTML版]
4月20日 原油の供給過剰は年後半には解消される見通し
~不透明感が和らぎ、見通しの確度が高まれば、原油価格は持ち直し~
[HTML版]
4月15日 世界は大恐慌以来、「最悪の景気後退」に
~ただし、IMFの世界経済見通しは尺度の一つ~
[HTML版]
4月10日 市場急落局面にみる「株式のチカラ」
~これまでの米国株式を例に考える~
[HTML版]
4月2日 日本経済はマイナス成長が続く見込み
~政策効果の波及に期待~
[HTML版]
4月1日 4月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年3月
3月31日 相次いで大規模な経済対策を発表する主要国
~相場の下支え要因となるか~
[HTML版]
3月27日 新型コロナウイルス感染拡大を受けた各資産の値動き[HTML版]
3月24日 金融市場が荒れる中、金価格が下落
~金の魅力に再注目~
[HTML版]
3月23日 大きな値下がりが続くJ-REIT市場~保有物件の価値は急激に減少するものなのか~[HTML版]
3月23日 新型ウイルスに関する不安・不透明感が現金志向に~今後の雇用情勢や金融・財政政策の効果にも注視が必要~[HTML版]
3月17日 世界的な株安について
~市場は大胆な財政政策待ち~
[HTML版]
3月17日 比較的早い経済正常化が期待される
シンガポールや香港のリート市場
[HTML版]
3月16日 利回りニーズが強まるなか、多様化する日本社債市場[HTML版]
3月12日 本日の日本株式市場の下落について
~市場は米国の政策対応に注目~
[HTML版]
3月9日 相次いでリスクが押し寄せる日本の株式市場
~コロナウイルスに次いで原油安が揺るがす~
[HTML版]
3月9日 産油国の減産協議決裂などを受け、原油価格が急落~いずれ、価格立て直しに向けた取り組みを求める声が強まろう~[HTML版]
3月5日 コロナウイルスに大きく震えた市場
~過去の推移から考える市場の鎮まる時期~
[HTML版]
3月2日 日本株式市場における「大型株<小型株」
~小型株で運用するという選択肢~
[HTML版]
3月2日 3月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年2月
2月28日 新型コロナウイルスが中国国外へ拡大し、大幅に下落した欧米株式[HTML版]
2月25日 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国の経済見通しが下方修正に~短期間で正常化に向かえば、世界への影響は軽微~[HTML版]
2月25日 ゲノム技術が変えるがん医療の未来
~ゲノム技術は人類を救う!?~
[HTML版]
2月21日 新型肺炎への不安が拡がる一方、海外株式市場は力強い推移[HTML版]
2月14日 「第1段階」合意の発効で米中は一旦、休戦も、懸念は燻り続ける[HTML版]
2月13日 企業決算や経済指標に支えられ、力強さが増す米国株式[HTML版]
2月7日 急成長するグリーンボンド市場
~脱炭素時代の投資~
[HTML版]
2月4日 新型コロナウィルスの感染拡大により、大幅な下落となった中国株式[HTML版]
2月4日 「若い人ほどリスクを取るべき」
~人的資本と資産運用の関係~
[HTML版]
2月3日 2月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2020年1月
1月29日 実用化への機運が高まるMaaS
~2020年は自動運転元年となるか~
[HTML版]
1月29日 地政学リスクの顕在化などにより堅調に推移する金[HTML版]
1月21日 IMFの世界経済見通し
~世界経済は、予想を上回る回復の可能性も~
[HTML版]
1月9日 過去の好パフォーマンス資産から考える[HTML版]
1月7日 中東の地政学リスクの高まりを背景に、動揺した世界の金融市場[HTML版]
1月6日 1月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]

 
投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
当資料は、日興アセットマネジメントが経済、市況ほか、投資環境などについてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
コメントをご覧いただくには


資料の閲覧には、Adobe Reader (無料)が必要です。左のバナーをクリックしてAdobeのページよりダウンロードしてください。


《PDFファイルをダウンロードしてご覧になりたい場合には》
Windowsをお使いの方 Macintoshをお使いの方
1. リンクを右クリック
2.「対象をファイルに保存」を選択
3. 保存する場所&ファイル名を指定
4. OKをクリック
5. ダウンロード開始

1.〈Optionキー〉+リンクをクリック
2. ダウンロード開始