楽 読(ラクヨミ)マーケットの旬な話題が楽に読める、1枚ものの資料です。新聞記事や、経済ニュース、 各種統計、用語解説などの中から、そのときどきのトピックスを取り上げ、分かりやすく 解説しています。(不定期)

facebook、Twitterで更新情報を配信しています。

過去掲載分の楽読(ラクヨミ)

2019年4月
4月25日 持ち直しの兆しが見られた、中国の経済指標
~今後は減税やインフラ投資の寄与が見込まれる~
[HTML版]
4月25日 上昇を続ける原油価格
~今後の注目点は6月のOPEC加盟・非加盟国の会合に~
[HTML版]
4月25日 ポートフォリオの運用効率を向上させ、リターンを高めることによる効果[HTML版]
4月24日 商品化へのカウントダウンが始まった「ゲノム編集食品」[HTML版]
4月17日 米金融政策の転換を背景に、堅調な推移が続く新興国債券[HTML版]
4月12日 出遅れ解消が期待される日本株式
~短期的な材料に流されず、GW(ゴールデンウィーク)以降の経済統計改善に注目~
[HTML版]
4月10日 IMFの世界経済見通し
~2019年後半以降、回復が予想される世界経済
[HTML版]
4月10日 高い成長期待を背景に再び最高値に迫る米国ハイテク株[HTML版]
4月8日 注目を集める、アジア各国の選挙と政治動向[HTML版]
4月4日 底堅い需要が見込まれる安全資産としての金[HTML版]
4月4日 やはり、「スーパーサイクル」だったのか?
注目される半導体株の反発
[HTML版]
4月3日 トルコもついに構造改革路線に舵を切るのか?
~選挙漬けの時期を終えたエルドアン政権の動向に注目~
[HTML版]
4月1日 4月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2019年3月
3月29日 再度、不穏な動きを見せるトルコ・リラ
~統一地方選挙後のエルドアン政権の舵取りに注目~
[HTML版]
3月25日 世界景気への懸念を背景に市場に動揺が走る
~米中協議の進展や、景気配慮の動きの拡がりに注目~
[HTML版]
3月18日 米金融引き締め見通しの後退に伴ない、堅調に推移するグローバルREIT[HTML版]
3月11日 金融緩和の出口戦略を修正した欧州中央銀行
~引き締めに消極的なハト派色を予想以上に強める~
[HTML版]
3月7日 資金流入が期待される新興国株式
~足元の状況とアノマリーから見た投資魅力~
[HTML版]
3月5日 MSCIが、新興国株式指数への中国A株の組入拡大を正式に決定[HTML版]
3月1日 3月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2019年2月
2月28日 年金改革で高めの目標を掲げたブラジル新政権
~譲歩は必至だが、改革の道筋がつけば評価は向上へ~
[HTML版]
2月25日 堅調が続くJ-REIT市場
~国内外の複数の要因が追い風に~
[HTML版]
2月13日 2019年は、世界的な株式指数への中国A株組入れが進む見込み[HTML版]
2月8日 中国の「社会融資総量」から景気の先行きを占う[HTML版]
2月4日 「長期で考える資産運用」のヒント
~GPIFの運用にみる分散投資の運用手法~
[HTML版]
2月1日 短期的な変動に一喜一憂しない資産運用
~ キーワードは、「長期投資」と「分散投資」~
[HTML版]
2月1日 2月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2019年1月
1月30日 厳しい日本のふところ事情
~財政健全化に向けた取り組みが重要~
[HTML版]
1月28日 拡大が見込まれる、新興国と先進国の成長率格差~新興国株式の巻き返しが期待される展開に~[HTML版]
1月23日 中国の成長率は28年ぶりの低水準と言うけれど
~目標に沿った緩やかな成長鈍化はむしろ安心材料~
[HTML版]
1月23日 急速に拡大するゲノム解析サービス市場[HTML版]
1月22日 IMFの世界経済見通し
~2019年、2020年共に成長率予測を下方修正
[HTML版]
1月21日 ボルソナロ新政権の舵取りが注目されるブラジル~改革の道筋がつけば、中長期的な評価は向上へ~[HTML版]
1月15日 中国の景気刺激策と期待される株式市場への影響[HTML版]
1月7日 世界で進行する5Gの商用化と中国の実力[HTML版]
1月4日 急激な円高もあり混乱が続く株式市場
~米中貿易摩擦の影響が見え始めたハイテク企業~
[HTML版]
1月4日 1月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]

 
投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
当資料は、日興アセットマネジメントが経済、市況ほか、投資環境などについてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
コメントをご覧いただくには


資料の閲覧には、Adobe Reader (無料)が必要です。左のバナーをクリックしてAdobeのページよりダウンロードしてください。


《PDFファイルをダウンロードしてご覧になりたい場合には》
Windowsをお使いの方 Macintoshをお使いの方
1. リンクを右クリック
2.「対象をファイルに保存」を選択
3. 保存する場所&ファイル名を指定
4. OKをクリック
5. ダウンロード開始

1.〈Optionキー〉+リンクをクリック
2. ダウンロード開始