Raku Yomi 楽読(ラクヨミ)

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)


2014年11月12日

Vol.881 足元のブラジル・レアルと今後の見通し

9月以降のブラジル・レアルは、金融市場が大統領選挙での政権交代を期待していたことから、現職ルセフ大統領の再選観測の高まりとともに下落基調となり、10月26日の決選投票でルセフ大統領が再選されると、大幅に下落しました。その後、ブラジル中央銀行が7ヵ月ぶりに予想外の利上げを決定したことから反発しましたが、足元では軟調な展開が続いています。ただし、対円では10月末の日銀の追加金融緩和により為替市場で円安が進んだことから下値は限定的となっています。

ブラジルではルセフ政権に対して、財政悪化やインフレ率の上昇を招いたこと、石油などの産業へ介入したことなどが批判されています。特に、マンテガ財務相は、介入主義的な政策と過度に楽観的な経済・財政展望により、高成長が続いていたブラジル経済を悪化させたことから、同財務相の信頼性が損なわれていました。今回の大統領選で、ルセフ大統領は、介入主義的で浪費が多いと批判される経済政策から脱却するなどの考えを示し、市場寄りの野党候補にわずかな差で勝利しました。大統領は、今月15・16日のG20首脳会議の後に、退任の意向を示したマンテガ財務相の後任を指名すると示唆していることから、今後の人事が注目され、市場寄りの経済政策を進める後任者になる場合は、通貨にもポジティブな影響があると考えられます。

また、同国のインフレ率はインフレ目標の上限を超える水準となっていることなどから、インフレ率を引き下げる必要があります。ルセフ大統領がインフレ抑制に取り組む意向をあらためて示しているうえ、中央銀行もインフレ抑制のため政策金利の引き上げを続ける用意があることを示唆していることなどから、利上げ期待はブラジル・レアルの今後の下支え要因になると考えられます。

軟調な国内景気に加え、政権交代が実現しなかったことがブラジル・レアルの重石となり、短期的には上値の重い展開となる可能性があるものの、2期目のルセフ政権による経済改革やインフレ抑制への取り組み次第では、再び注目を集めることが期待されます。

【図表】[左図]ブラジル・レアルの推移(2013年1月初~2014年11月11日)、[右図]ブラジルの物価および政策金利の推移(2013年1月~2014年10月)

(信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成)

※上記は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

  • 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。