Raku Yomi 楽読(ラクヨミ)

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)


2014年12月15日

Vol.900 原油価格の下落で恩恵を受ける国・地域

2014年6月以降、米国におけるシェール・オイルの生産増加などを背景とした需給悪化懸念から下落傾向が続いている原油価格は、OPEC(石油輸出国機構)による減産見送りや、原油需要見通しの引き下げなどを受け、足元で下げ足を強めています。原油価格の下落は、原油輸出国から原油純輸入国への実質的な所得移転をもたらすことから、日米欧などの先進国をはじめとする原油の純輸入国では、ガソリン価格や原材料コストの低下を通じた企業収益や消費の下支え効果が見込まれています。

こうしたなか、原油純輸入国の中でも、原油安の恩恵が特に期待される国・地域として、急速かつ内需主導の経済成長を背景に、高インフレや経常赤字などの問題を抱えつつ、成長資金の多くを海外に頼る新興国が挙げられます。例えば、エネルギーの輸入依存度が高いトルコは、その代表格とされており、同国の輸入の多くを占める原油価格の下落は、経常収支、ひいては成長率の見通し改善に寄与すると考えられます。また、アジアに目を向けると、インドでは、インフレ率の高止まりが緩和的な金融政策の実施を困難にしていたものの、原油価格の下落に伴なうインフレ圧力の低下期待を背景に利下げ観測が高まり、景気見通しの改善につながっています。このほか、インドネシアやマレーシアでは、財政を圧迫していた燃料補助金の削減を決定する上で、原油価格の下落が大きな後押しとなりました。

さらに、原油安によるインフレ圧力の低下は、デフレを警戒する欧州や日本に、より緩和的な金融政策を促すと考えられます。また、10月に量的緩和の終了が決定し、景気回復の足取りを強めている米国においても、原油価格の下落などが押し下げ要因となり、インフレ率が当局の目標を下回る水準で推移していることなどを踏まえると、利上げ開始を急ぐ状況にはないとみられます。

【図表】[左図]下降トレンドにある原油価格<原油価格の推移>(2013年初~2014年12月12日)、[右上図]原油安効果は各国の経済指標に波及<トルコの経常収支(対GDP比)の推移>(2013年1-3月期~2014年7-9月期)、[右図下]<インドの消費者物価指数(前年同月比)の推移>(2013年1月~2014年11月)

(信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成)

※上記は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

  • 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。