Raku Yomi 楽読(ラクヨミ)

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)


2015年1月16日

Vol.909 2015年の日米株式市場に
期待されるアノマリー

株式市場にはアノマリーと呼ばれる、明確な理論や根拠があるわけではないものの、経験則的に起こりやすいとされている事象があります。今年注目したいアノマリーとしては、日米株式市場には「西暦の末尾の数字が5の年はパフォーマンスが良好」というものがあります。

このアノマリーの背景としては景気循環や設備投資循環のサイクルの影響など諸説ありますが、実際、日米株式の、西暦の末尾の数字ごとの年間パフォーマンスの平均を見てみると、末尾の数字が5の年は日本株式では17.5%、米国株式では25.3%と他の年に比べて相対的に良好なパフォーマンスとなっています。加えて、年間パフォーマンスの勝敗数を見ても、5の年は日米ともに唯一の負けなしとなっていることが確認できます。さらにもう一つ、米国に着目してみると、今後の政策への期待値が高まることが背景にあるためか「大統領選挙の前年は株価が堅調となる」というアノマリーがあり、実際、1950年以降で見ると、パフォーマンスは15勝1敗となっています。次の「大統領選挙の前年」は2015年であるため、アノマリーに従うのであれば、今年も米国株式の上昇が期待されます。また、米国株式が上昇した年は日本株式も上昇するケースが多いことを勘案すると、米国の株高が日本に波及して日本株式が上昇することも期待できそうです。

足元の株式市場は、原油安の進展やギリシャのユーロ圏離脱懸念の高まりを受けて、変動率の大きい展開となっています。今後もこれらのリスクの動向には注意が必要ですが、日米株式のEPS(1株当たり利益)は2015年に過去最高となる見込みであることなどを背景に、「西暦の末尾の数字が5の年はパフォーマンスが良好」というアノマリー通りとなる可能性があり、日米株式市場の先行きが注目されます。

【図表】[左図]年間パフォーマンスの平均、[右図]年間パフォーマンスの勝敗数

(信頼できると判断した情報をもとに日興アセットマネジメントが作成)

※上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。

  • 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。