Raku Yomi 楽読(ラクヨミ)

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)


2015年5月25日

Vol.962 中国の医薬品市場改革で
競争力が求められる医薬品メーカー

中国では、医薬品を安価で国民へ提供するために、中央政府により医薬品価格が実質的にコントロールされています。しかし、中央政府は6月以降、医薬品価格に関する規制を緩め、ほとんどの医薬品価格の決定を市場に委ねることを明らかにしました。

中国において医薬品メーカーは、地方政府により運営される入札制度を通じて、病院や調剤薬局などへ医薬品を販売しています。入札される医薬品の価格は、現行制度では、中央政府が定める上限価格の範囲内となっています。そのため、需要があるにも関わらず価格が抑制されていることで、採算に見合わない医薬品の製造が見送られるなど、深刻な医薬品の不足を引き起こし、規制への批判が高まりました。こうした流れを受けて昨年4月、中央政府は規制緩和に踏み切り、一部の医薬品価格の上限を撤廃しました。そして今回、麻酔薬など一部を除きほとんどの医薬品価格の上限が撤廃されることになりました。

これにより、医薬品価格の決定は市場に委ねられ、自由な価格交渉が可能となることから、品質や価格、知名度などの観点で差別化が進み、効能の高い新薬や低価格のジェネリック医薬品、認知度の高い漢方薬などが優位になると見られています。現在、6,000社以上あるとされる中国国内の医薬品メーカーは、薬価規制の緩和をきっかけに、他社との差別化や競争力強化が求められ、M&A(合併・買収)による事業拡大や研究開発分野の拡充などの再編に取り組む可能性もあります。

近年、中国の医薬品市場は、医療ニーズの高まりや高齢化などを背景に拡大しています。加えて先日、政府は、これまで以上に医薬品分野の医療改革を推し進める方針を発表したことなどから、今後、市場拡大の加速も予想されます。今回の薬価規制の緩和は、医薬品メーカーにとって、シェア獲得のための事業拡大や医薬品開発を促すインセンティブになると考えられ、さらなる市場の活性化につながるものと期待されます。

【図表】[左図]中国の医薬品市場改革による影響(イメージ)、[右図]各国の医薬品*生産額の推移(2010年~2014年)

※上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。

  • 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。