日興アセットマネジメントならびに日興アセットが運用する下記の各運用戦略が、株式会社格付投資情報センター(R&I)が選定する「R&Iファンド大賞2020」(確定給付年金部門)の各部門において受賞を果たしましたので、お知らせします。プレスリリースはこちら


R&Iファンド大賞2020

R&Iのリリースはこちら
※格付投資情報センターのPDFを開きます

国内株式コア
Japan Equity Core

国内株式リサーチアクティブ戦略
Japan Research Active Strategy

国内債券
Japan Fixed Income

国内債券アクティブ戦略(ブロードマーケット型)
Japan Bond Broad Market Strategy

受賞にあたり

当社は「日本が本社のグローバルハウス」と謳っている通り、グローバル体制が特徴の運用会社ですが、今回、60年超の歴史を誇る国内株式と国内債券の両戦略で同時に、このような評価をいただけたことは大変喜ばしく、東京運用拠点の皆で喜んでいます。

「国内株式リサーチアクティブ戦略」はグロース、バリューなどのスタイルを限定しない当社株式アクティブ運⽤の原点であり、1998年の運⽤開始以降、⻑期にわたるパフォーマンスの安定感が⾃慢です。⻑年リードマネージャーを務めるPMが優秀なのはもちろんのこと、内外の⾦融機関から集った専⾨性の⾼いアナリスト陣やトレーディングのスペシャリスト達の総合⼒での受賞といえます。

「国内債券アクティブ戦略」では最もベーシックなブロードマーケット型での受賞という点が、当社債券運⽤チームの実⼒と懐の深さを物語っていると受け⽌めています。物価(⾦利)とイールドカーブの予想に加え、クレジット分析まですべてが連関して⽣み出される超過収益には、極めて⾼度なナレッジとスキルが要求されます。ましてや昨今の経済環境と低⾦利下のマーケットにおいて、それは容易なことではありません。

年金基金のお客様は現在、伝統的資産に加え様々な資産や手法を研究し挑戦されていますが、コアとなる国内株式・債券の運用の選択肢に改めて、当社の高度かつ安心感のある運用力を加えていただければ幸いです。今後もこの受賞を励みに、さらなる運用力の向上に磨きをかけてまいります。

専務執行役員
兼 CIO

辻村 裕樹


国内株式リサーチアクティブ戦略

運用実績 (2020年3月末時点)


国内株式リサーチアクティブ戦略の運用実績

上記リターンは、Nikko AM Global(以下「会社」という)の国内株式リサーチアクティブ戦略のコンポジットリターンに基づくものです。会社は、グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS®)への準拠を表明しています。リターンは円ベースであり、運用報酬等フィー控除前、売買手数料控除後、利子・配当収入等再投資後のものを表示しています。ベンチマークはTOPIX(配当込)です。過去のリターンは将来の運用成果等を約束するものではありません。上記に掲載される指数に関する著作権・知的財産権その他一切の権利は、当該指数の算出元または公表元に帰属します。

*当コンポジットの算出開始は、2001年12月1日。


国内債券アクティブ戦略(ブロードマーケット型)

運用実績 (2020年3月末時点)


国内債券アクティブ戦略(ブロードマーケット型)

上記リターンは、Nikko AM Global(以下「会社」という)の国内債券アクティブ戦略(ブロードマーケット型)のコンポジットリターンに基づくものです。会社は、グローバル投資パフォーマンス基準(GIPS®)への準拠を表明しています。リターンは円ベースであり、運用報酬等フィー控除前、売買手数料控除後、利子・配当収入等再投資後のものを表示しています。ベンチマークはNOMURA-BPI(総合)です。過去のリターンは将来の運用成果等を約束するものではありません。上記に掲載される指数に関する著作権・知的財産権その他一切の権利は、当該指数の算出元または公表元に帰属します。

*当コンポジットの算出開始は1997年3月1日ですが、途中コンポジットの算出が停止された期間があるため、ここでは、当資料作成日現在まで連続したデータの取得が可能な最も古い時点まで遡り、2001年11月1日以来のデータを掲載しています。


当ページは、日興アセットマネジメントが国内株式リサーチアクティブ戦略及び国内債券アクティブ戦略(ブロードマーケット型)についてお伝えすることなどを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。

内容に関する⼀切の権利は当社にあります。事前の了承なく複製、第三者への配布または転載等を⾏なわないようお願いいたします。当資料の情報は信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・完全性について弊社が保証するものではありません。当ページ中のグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運⽤成果等を約束するものではありません。当ページ中のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。


「R&Iファンド大賞2020」について
「R&Iファンド大賞」は、R&Iが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&Iが保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&Iに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。