投資ってなんだ!? 上手にお金に働いてもらう方法や投資の不安を解消するためのヒントなどをご紹介します。

2019年3月5日

Vol.12

『売り時』ってあるの? 機動的な運用編

よく、投信や株式の「売り時はいつ?」「どうやって判断するの?」と聞かれます。前回は”潤いのあるくらし”を目指すために長期投資するという観点から、売り時は値上がりしたからではない、ということをお伝えしました。今回は、余裕資金で機動的に運用するケースを考えてみましょう。

■「値上がりしたから売る」「市場見通しが変わった」・・・、これは趣味の範囲で

正直なところ、20%値上がりしたら売った方が良い、などといった黄金律(普遍的な考え)はないと思います。購入時の2倍になるかもしれないし、20%値上がりした後に横ばいになるかもしれません。また、20%値下がりしたら売る、といった黄金律もないと思います。

資産形成のコア(じっくり育てる部分)となるバランス型投資と異なり、機動的な売買判断もあり得る余裕資金のサテライト(しっかり増やす部分)投資では、突き詰めると「投資家のアニマル・スピリッツ(野心)」が必要です。例えば、ブラジルやインドが今以上に経済成長する、ロボットが人間の生活に浸透する、宇宙旅行が一般的になる、といったことなどが実現する可能性があると思えば、夢や期待が実現するまで長期投資することは良いことです。

このような長期的な観点から国・地域や成長テーマに投資する場合の売り時は、実現する可能性が現実になった時です。20%値上がりしたからではありません。一方で、例えばロボットに関する話題が「流行っている」から関連銘柄も値上がりするだろう、と需給の見込みで投資する方もおられるでしょう。これは趣味としての投資であり、タイミングが大切なのでしょうから、チャートなども含めて自由にお楽しみいただければ、と思います。

■「何が儲かるの?」「何が人気なの?」ではなく、経済トレンドを見る感性が大切

サテライト投資する際、「何が儲かるの?」「何が人気なの?」などといった観点で商品を見る方が多いのではないでしょうか。逆の見方をすれば、これは「みんなが買っている」「今流行っている」から、市場で多くの人が買うのでパフォーマンスが良くなるだろう、という考え方です。

多くの人が一度に買えばインパクトは大きくなり、往々にして値上がりするでしょう。しかし、これは一時的であり、普通は元のあるべき価格に戻ると考えられます。長期に良い投資成果をあげるには、先にふれたロボット社会や宇宙旅行などが将来現実のものになる、といった実現可能性に自信が持てるテーマを選択して投資することが大切です。人気投票の結果で投資先を選択することは、好ましくないと思います。

時間が許せば、気になった投資テーマについて、ご自身が良いと思ったのか、他の人が良いと思ったのかをメモして、普段から区別するよう心掛けてみてください。そうすれば、サテライト投資として商品を選ぶ時に、市場動向やタイミングを気にするのではなく、世界経済のトレンドを見て、これは良いと思うテーマを選ぶことが大切!、ということに気づいていただけると思います。

「何が儲かるの?」「何が人気なの?」ではなく、経済トレンドを見る感性が大切

このページのTOPへ

  • ○当資料は、日興アセットマネジメントが投資についてお伝えすることなどを目的として作成した資料であり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、当資料に掲載する内容は、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。
  • ○投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
  • ○当資料の図表等はすべて過去のものであり、将来の市況環境の変動等を約束するものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。また記載内容の正確性を保証するものでもありません。