申込翌日の夕方に計算される基準価額で設定・一部解約を行ないます。設定申込後、当該ETFの運用担当者が運用ポジションを作り始めます。基本的にはT日の連動対象市場の引け近辺、為替については翌日のTTM(T+1の10時)をターゲットに売買を行ないます。設定は損益の計上はありません。一部解約においては、簿価と基準価額の差額が収益となった場合、配当所得として把握することができる場合があります。

本フロー図は、当社ETFの設定・解約フローです。申込不可日には、お取扱できませんのでご留意ください。

現金拠出型ETFの設定

現金拠出型ETFの設定

現金拠出型ETFの交換

現金拠出型ETFの交換

対象ファンド

※各ファンドのトップページにリンクします。

コード ファンド名 指定参加者から日興AMへの設定解約申請書の申込み締切り時間
1486 上場米債(為替ヘッジなし) 15時
1487 上場米債(為替ヘッジあり) 15時
1547 上場S&P500米国株 15時
2521 上場S&P500米国株(為替ヘッジあり) 15時
2562 上場ダウ平均米国株(為替ヘッジあり) 15時
2568 上場NASDAQ100米国株(為替ヘッジなし) 15時
2569 上場NASDAQ100米国株(為替ヘッジあり) 15時