よく「インデックスファンド」「アクティブファンド」はどちらがいいの? - といった対比をする人がいますが、それは今やいささか古くて乱暴な分類といえます。

指数連動のファンドを以外をすべて、ファンドマネージャーが独自に銘柄を選ぶ「アクティブ」と定義し、それらを全部平均するとインデックスのリターンより劣っていることが多いし、事前に優れたアクティブファンドを選ぶのは至難の業だし、高い信託報酬は無駄だから「悪いこと言わないからインデックスファンドにしておきなさい」といった論調です。

株式ファンドは今、下図の3つに分類するのが適切と日興アセットは考えています。

「アクティブファンドの多くは指数に負けているから、インデックスファンドで良い」という意見は、過去多かった②における、ベンチマーク(参考指数)との勝ち負けのことを言っている場合が多いようです。

一方③の「コンセプト型」は、全産業をあまねくカバーする指数を競争相手として意識していませんから、「勝ち負け」の議論など最初から存在しません。それなのに評論家やメディアは、アクティブファンドはインデックスに勝てないものが多いから「インデックスにしておきなさい」と言い、つみたてNISAの選定ファンドもそうなっています。ひどいメディアでは、「金融庁が選んだ安心なファンドがインデックスファンドだ」という明らかに間違った喧伝も。

どれがいい悪いではありません。大事な自分の将来設計を、ネットの記事や書籍を鵜呑みにして判断しないという姿勢が大事です。上の動画でも、「世の中がこんなに変わろうとしているのに、広く全産業をカバーする経済指標のようなインデックスを拠り所として妄信していいのか?」と訴えているわけですが、その対比としての「イノベーション」へのアテが外れた場合は目も当てられませんし、成長企業が多い分、日々の価格変動も大きくなりがちです。

やはり検討すべきは、そのコンセプト(あるいは産業)への絞り込みや投資アイディアの是非を自分自身がどう考えるか、長期投資に値すると自らが惚れ込めるか - という1点に尽きるのだと思います。

「コストからではなく、リターンの夢から考える」という、当たり前の原点に立ち返るべきだと日興アセットは考えているのです。

日興アセットのパートナーである、イノベーション投資専門の運用会社ARK(アーク)社の創業者キャシーウッドはこう言います。

「インデックスへの投資は、過去の成功をミラーリングしているだけ。いわばバックミラーを見た投資と一緒だ」

どういうことでしょう。

実はインデックスファンドが連動対象とする株価指数の多くは、[株価×発行済株式数]で計算される「時価総額」の大きい順に、その株式を買ったと仮定した数値。つまり、すでに世の中にたくさん株式が出回り、すでに株価が高く評価された銘柄から順番に買っているのと同じです。

したがってキャシーに言わせれば、インデックス投資とは「すでにうまく行った過去の成功」に追随した「後ろを見た」投資なのです。彼らはそれには一切の興味がなく、ただ「未来の世界に何が起こるのか」という「next big thing」だけを見ているのだというわけです。

日興アセットは彼らの思想に共鳴して2017年に出資をしてパートナーとなり、彼らのリサーチを日本の投信のかたちにして、日本のお客様にお届けしています。2017年は無名だった彼らも、上記のような考え方の米国での浸透と実際に示したリターンの違いによって、今や米国でも相当に有名な運用会社になっているようです。

興味のある方は以下のページを参考にしてみてください。