Shen-zhen
(深セン)

まずは深セン関連ファンドの
運用状況をチェック!
投信口座をお持ちで、インターネットバンキング(ちばぎんマイアクセス)をご契約済みの方は、下記ファンド詳細より購入へ進むことができます。
深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)
※千葉銀行の商品詳細ページへ遷移します。
投信口座をお持ちでない方は
投資信託口座・NISA口座インターネットお申込みサービス
※千葉銀行の投信口座開設ページへ遷移します。

Point.1

中国のシリコンバレーとして知られる深センに着目し、イノベーション企業の成長を積極的に捉える

当ファンドでは、革新的な技術や製品の開発に携わる企業のみならず、多様なニーズに対応するための新たなサービスや付加価値を提供する企業、また、革新的な技術を活用することで成長を図る企業などをイノベーション企業といいます。

組入上位銘柄の企業のご紹介

  • コンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジー(CATL):中国最大級の車載電池メーカー。2011年の創設以来、世界最大のEV(電気自動車)市場である中国を足場に急成長を遂げ、現在では車載電池の世界シェア首位を競う存在に。
  • イースト・マネー・インフォメーション:オンライン金融サービス大手で、投資信託などの資産運用商品を販売。中国におけるオンライン金融機関の先駆者であり、近年急速に市場シェアを拡大させている。
  • チョンチン・ジーフェイ・バイオロジカル:ワクチンなどのバイオ製品の研究、製造、販売を手掛ける医薬品メーカー。国内に2ヵ所のR&D(研究・開発)拠点を有しており、科学技術省や地方政府の主要プロジェクトに継続的に参加している。
  • ラクスシェア・プレシジョン:ケーブルやコネクタの開発・生産に従事。米アップル社のサプライヤーからスタートし、今日では自動車、コンピューター、通信機器、家庭用電化製品などに幅広く同社製品が使用されるグローバル企業に成長。
  • ※上記は、2021年6月末時点の深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)のマザーファンドの組入上位銘柄について、日興アセットマネジメントがまとめたものです。上記銘柄について、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。また、当ファンドにおける将来の銘柄の組入れまたは売却を示唆・保証するものでもありません。

Point.2

日興アセットマネジメント アジア リミテッドが運用

深センに本拠を置き、中国本土市場に精通した資産運用会社として知られる融通(ロントン)基金管理有限公司から提供される情報や、日興アセットマネジメント ホンコン リミテッドからの情報も活用します。

日興アセットマネジメント アジア リミテッド(NAM アジア)について

日興アセットマネジメント アジア リミテッド(NAM アジア)について

Point.3

堅調なパフォーマンス

設定来、堅調なパフォーマンスを示しています。

深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)の基準価額と世界株式の推移

深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)の基準価額と世界株式の推移
    【出所】信頼できると判断した情報をもとに日興アセットマネジメントが作成
  • ●基準価額は、信託報酬控除後の、分配金は税引前の、それぞれ1万口当たりの値です。
  • ●税引前分配金再投資ベースとは、税引前分配金を再投資したものとして計算した理論上のものであることにご留意ください。
  • ●分配金額は収益分配方針に基づいて委託会社が決定しますが、委託会社の判断により分配金額を変更する場合や分配を行なわない場合もあります。
  • ●世界株式:MSCI AC ワールド指数(配当込、円ベース)、米ドル建ての指数を日興アセットマネジメントが円換算。
    世界株式は起点を10,000として指数化しています。
    上記指数は当ファンドの参考指数ではございません。
  • ●上記は過去のものおよび予想であり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

  • ●深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)の詳細情報(費用・リスク・基準価額)
最新の基準価額は以下をクリックして確認!
投信口座をお持ちで、インターネットバンキング(ちばぎんマイアクセス)をご契約済みの方は、下記ファンド詳細より購入へ進むことができます。
深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)
※千葉銀行の商品詳細ページへ遷移します。
投信口座をお持ちでない方は
投資信託口座・NISA口座インターネットお申込みサービス
※千葉銀行の投信口座開設ページへ遷移します。

他にも気になる「イノベーション」の世界へ