What's ROBOTICS ?

◎ ファンドコンセプト

いわゆる“ブームのテック系”とは全く違う。
テクノロジーイノベーション投資の王道。

コロナ禍の社会構造変化で急速に進んだ世の中のデジタル化の流れ。それはもう後戻りすることはありません。一方、経済の正常化が進むにつれ、実体経済を動かす製造業などの「リアル」な活動もまた必要不可欠。

「グローバル・ロボティクス株式ファンド」は、一時の“テックブーム”に乗るようなファンドとは違います。あらゆる産業のイノベーションを根幹から支える「ロボティクス」という視点に立ち、「バーチャル」と「リアル」の両輪で、大きな社会構造の変化を捉えていきます。それはテクノロジーイノベーション投資の王道ともいえる骨太な成長テーマ。

2015年の設定以来、ぶれることのない銘柄選定で、実直に運用実績を積み重ねてきた当ファンドは、2022年8月に7周年を迎えました。

■「1年決算型」基準価額の推移< 2015年8月31日(設定日)~2022年11月30日 >

起点を10,000として指数化 ※基準価額は信託報酬控除後の値です。※世界株式:MSCIワールド指数(配当込、円換算ベース)、基準価額の算出方法に対応させるため、前営業日の世界株式の値に当日の為替を適用して算出。上記指数は当ファンドのベンチマークではありません。信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成。
上記は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

拡がるロボティクス技術の領域

自動化や自律化によるテクノロジーの進化。それは、世界的に大きな社会構造の変化を推進していきます。
だからこそロボティクス技術は、今後ますます不可欠な存在だと言えるのです。

◎ 今を知る

今、ロボティクスで注目したい3つのポイント

ポイント①

コロナ禍で進んだ、「バーチャル」と「リアル」二極化 の動き

コロナ禍で進んだ「バーチャル」中心の動き


コロナ禍によって、“非接触”、“非対面”といったデジタル化による「バーチャル」の活用が拡がりました。これを契機に今後、デジタル化の流れは加速すると考えられます。

コロナ禍で急速に高まった“非接触”ニーズ

経済正常化には、「リアル」の活動も不可欠


ただし、世界経済は製造業などの「リアル」の活動が動力源となっており、「リアル」の活動なく経済を動かし続けることは不可能です。

実体経済の活動に欠かせない分野の代表例

「バーチャル」と「リアル」の融合に重要な役割を担うロボティクス


コロナ禍で、企業は「バーチャル」と「リアル」を融合した新たなビジネスモデルへのシフトが求められるようになり、幅広い産業でロボティクス技術の活用が見込まれます。

「バーチャル」と「リアル」の融合に、
ロボティクス技術は不可欠
ポイント②

「グローバル・ロボティクス株式ファンド」シリーズでは、
「バーチャル」から「リアル」まで 幅広いロボティクス領域をカバー

信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成。上記は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

ポイント③

世界的な脱炭素化への取り組みにも ロボティクス技術が不可欠

温暖化抑制に向けた脱炭素化の取り組みには、生産効率向上のための自動化やパワー半導体、グリッド・オートメーションなど、様々な分野でロボティクス技術が不可欠となっています。

信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成。上記は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

Who's LAZARD ?

グローバル・ロボティクス株式ファンドの銘柄選定は、早くからロボティクスのポテンシャルに注目し市場をウォッチしてきた米ラザード社が行ないます。

*ラザード・アセット・マネージメント・エルエルシー



ラザード社の投資哲学は徹底しています。
それは、たとえ世間で人気のある企業でも、株価が過大評価されていると判断すれば投資は見送る、ということ。一貫したぶれない投資哲学のもと、地に足のついた同社の銘柄選定は市場参加者からも高い評価を得ています。



■ 本質的価値を見極め、適正価格で投資

ラザード社では、徹底したリサーチのもとファンダメンタルズとバリュエーションを見極め、企業の本質的な価値を判断した上で投資銘柄を選定します。

■ リサーチが運用プロセスの中心

情報分析に対する深い専門知識を有するリサーチ力はラザード社の強みの一つです。
ポートフォリオマネージャーとリサーチアナリストが密に連携し、キャッシュフロー、資本収益率、バリュエーションを重視しながら、運用哲学に沿ったパターンの収益獲得を追求します。

ラザード社ポートフォリオマネージャーに聞く、
ファンドの実績とロボティクスの未来について



米国・ニューヨークに拠点を置くラザード社。株式運用の中でもアクティブ運用に注力しており、機関投資家や公的年金などを主な顧客として、資産運用業務を行なっています。その徹底したリサーチには定評があり、同社の運用資産残高は1,880億米ドル(約25.5兆円)となっています。

*2022年6月末現在 運用資産残高は、投資一任契約を含むラザード・グループの運用委託資産合計。

Contents Library

イメージをつかむ!
コンセプト動画

ファンドを知る!
はじめて動画

レポートを動画で解説!
お伝え動画(2022年11月更新)

ぱっと読めてすっとわかる、
PDF紙芝居

ポイントを押さえる!
注目したい3つのポイント

動画紹介リンク

ここから先はロボティクスに関連する企業動画やニュースサイトなど外部サイトのご紹介です。ロボティクス関連の各ニュースメディアおよび各企業が公開する動画を各企業の許諾を得た上でご紹介しますが、日興アセットマネジメントはそれら企業および銘柄、またそれら企業の商品やサービスについて、売買などを推奨するものではありません。また、当社ファンドにおける保有の有無、並びに将来の組み入れ、もしくは売却を示唆するものでもありません。

日興アセットマネジメントは、本サービスまたは弊社サイトをご利用中に生じた、いかなる損害についても責任を負いません。詳しくは、免責事項をご確認ください。

拡がるロボティクス活用の場

日本を含め世界各国では、ロボティクス技術の活用が目覚ましく進展しています。
これから実現しそうな少し先の未来のイメージも含め、「ロボ」の最新動画をご紹介します。

より豊かな生活へ!「ワクワク」のロボ技術

娯楽
ドローンショー

動画提供:SKYMAGIC

医療
AI画像診断

株式会社NTTデータ
AI画像診断支援ソリューション

免責事項はこちらをご確認ください。

免責事項
日興アセットマネジメントが運営する本サイト (以下、「ロボティクス特集」)のご利用は、利用者自身の責任のもとで行なってください。
日興アセットマネジメントは、「ロボティクス特集」をご利用中に生じた、いかなる損害についても責任を負いません。
上記「動画紹介リンク」に掲載されている企業動画は、弊社で運用している商品(投資信託)とは関連ございません。

著作権
「ロボティクス特集」上のレイアウト、デザインおよび構造などに関する著作権は、日興アセットマネジメントに帰属します。
「ロボティクス特集」の一部、または全部を、著作権法を含む適用される法律の範囲を超えて、無断で複写、転写、ファイル化することを禁じます。

商標について
当ページで掲載している社名、製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

  • 当ページの図表等はすべて過去のものであり、将来の市況環境の変動等を約束するものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。また記載内容の正確性を保証するものでもありません。

日興アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号  加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

Copyright© Nikko Asset Management Co., Ltd. All Rights Reserved.

YOUR GOALS, OUR COMMITMENT すべてはお客様のために