• 単なる流行テーマじゃない 必然とワクワクの両方に支えられた長期成長エンジン [ ROBOTICS ロボティクス ]
  • 単なる流行テーマじゃない 必然とワクワクの両方に支えられた長期成長エンジン [ ROBOTICS ロボティクス ]
  • 単なる流行テーマじゃない 必然とワクワクの両方に支えられた長期成長エンジン [ ROBOTICS ロボティクス ]
  • 単なる流行テーマじゃない 必然とワクワクの両方に支えられた長期成長エンジン [ ROBOTICS ロボティクス ]
  • 単なる流行テーマじゃない 必然とワクワクの両方に支えられた長期成長エンジン [ ROBOTICS ロボティクス ]
  • 単なる流行テーマじゃない 必然とワクワクの両方に支えられた長期成長エンジン [ ROBOTICS ロボティクス ]

単なる流行テーマじゃない

必然とワクワクの両方に支えられた
長期成長エンジン

ROBOTICS

ロボティクス

2016年8月末で設定1周年を迎えた「グローバル・ロボティクス株式ファンド」
と、その半年後にスタートした「ジャパン・ロボティクス株式ファンド」は、
さまざまな産業で活躍するロボティクス関連株に投資し、注目を集めています。
あらためて、その背景を整理してみましょう。

不透明な今だからこそ、
「株式の柱」を立てておきたい

世界を見渡すと、米国の金融政策や新政権下での経済運営をはじめ、中国の景気や欧州の政治も気になるところ。株式市場の変動も大きくなりがちです。

  • 株式の柱

不透明な今こそ、長期成長エンジンとしての「株式の柱」を立てておくことを検討してはいかがでしょうか。

長期だからこそ、
インデックスファンドでなく…

そのとき、いわば「平均値」を狙うインデックスファンドはひとつの選択肢。
しかし、長期だからこそ成長企業を選んで投資したいというのも自然な考え方です。
なぜなら、世界も日本も既に、全ての業種や全ての企業が等しく成長する時代ではないからです。

  • 長期投資の選択肢「インデックスファンド」or「成長株ファンド」

骨太のテーマ = ロボティクス

ロボットをテーマにした投資というと「夢を買う」ような、掴みどころのないイメージがあるかもしれません。しかし実は、先進国の労働力不足という「目の前の問題解決」と、私たちの生活の「さらなる豊かさ」の2つ、つまり“必然とワクワク”の両方に支えられた「骨太の成長テーマ」がロボティクスなのです。

先進国の労働力は実は2015年から減少を始め、新興国の賃金も上昇中。労働力不足という「目の前の問題解決」のために、いかにロボティクスによる自動化・効率化を推し進めるかが、各国の国家的な課題となっています。

  • 先進国の生産年齢人口(15~64才の人口)の推移1980年~2050年(予想)

  • 出所: World Population Prospects: The 2015 Revision
  • ※2015年以降は予想値です。

    ※上記グラフ・データは過去のものおよび予想であり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

  • 先進国の労働力は
    実は2015年から
    減少へ。

たとえば土木の現場の一部では、ドローンを飛ばして一気に測量を行ない、瞬時に施工計画を完成。建機も高度に知能化されており、経験の浅いオペレーターでも操縦可能です。

まさに“必然”のロボ

一方、テレビや新聞などで最近よく見聞きする自動車の自動運転など、私たちの生活の「さらなる豊かさ」を実現するためのロボティクスも、長期の観点では特に重要です。

医療や介護分野でのロボティクスの果たす役割は、高齢化の進む先進国にとって大きな期待がもたれています。また、AI(人工知能)やIoT(Internet of Things/「モノのインターネット」化)を用いた、ワクワクするような製品も今後どんどん出てくることでしょう。

生活を変える“ワクワク”のロボ

 

景気は循環するが、イノベーションは前進する
骨太の成長テーマ = ロボティクス

“必然とワクワク”の両方に支えられた骨太の成長テーマ、ロボティクス。その根底に流れるイノベーション(技術革新)は、前進こそすれ後退はしないでしょう。市場が不透明な時こそ、ひるまず・あせらず・ゆったりと、ロボティクスで「株式の柱」を立ててみたいものです。

  • ホットな流行テーマに
“短期勝負で乗る”投資ではなく“必然とワクワク”の両方に支えられた骨太の成長テーマです。
  • ×
  • ホットな流行テーマに
    “短期勝負で乗る”投資ではなく
  • “必然とワクワク”の両方に支えられた
    骨太の成長テーマです。

商品ラインナップ

  • 2016年8月末で設定1周年を迎えた「グローバル・ロボティクス株式ファンド」は、わずか1年で純資産総額が5,000億円を突破し、近年に例を見ない拡がりを見せています。半年後にスタートした「ジャパン・ロボティクス株式ファンド」も、日本企業がこの分野に持つ高い技術力から注目を集めています。

    ∗ 1年決算型・年2回決算型の合計、2016年7月末時点。

商品の詳細については、下記よりご覧いただけます。

商品に関するインタビュー動画もご覧いただけます。

  • グローバル・ロボティクス
    株式ファンド
    - 特集ページ -
  • ロボティクス市場について

    ラザード・アセット・マネージメント・エルエルシー/ポートフォリオマネージャー/アナリスト チアーズ・カイザー氏

    ラザード・アセット・マネージメント・エルエルシー/ポートフォリオマネージャー/アナリストチアーズ・カイザー氏

    当ファンドの魅力を語る

    日興アセットマネジメント 千葉直史

    日興アセットマネジメント千葉 直史

  • ジャパン・ロボティクス
    株式ファンド
    - 特集ページ -
  • 日本の企業には
    世界をリードするポテンシャルがある

    日興アセットマネジメント 星野正智

    日興アセットマネジメント星野 正智

レポート

  • 新たな常識のはじまりRobotics Report

    Robotics Report(略してロボレポ)では、最近話題になっている人工知能(AI)などのロボティクス関連の技術や話題をご紹介いたします。(不定期)
  • 詳細はこちら

インタビュー

  • 人工知能と未来 松尾豊氏
  • スペシャルインタビューAIの産業化における日本企業の優位性

    松尾 豊 氏 東京大学工学系研究科 技術経営戦略学専攻 准教授

    1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業、2002年 同大学院博士課程修了。2007年から同大学院工学系研究科総合研究機構/知の構造化センター/技術経営戦略学専攻 特任准教授。専門は人工知能、Webマイニング、ビッグデータ分析、ディープラーニング。

  • PDFはこちら

最新ニュース・動画