楽 読(ラクヨミ)マーケットの旬な話題が楽に読める、1枚ものの資料です。新聞記事や、経済ニュース、 各種統計、用語解説などの中から、そのときどきのトピックスを取り上げ、分かりやすく 解説しています。(週2回程度)

facebook、Twitterで更新情報を配信しています。

過去掲載分の楽読(ラクヨミ)

2018年4月
4月19日 預金準備率の引き下げが好感された中国株式市場[HTML版]
4月18日 IMFの世界経済見通し
~世界経済は好調を維持~
[HTML版]
4月18日 中国の18年1-3月期実質GDP成長率は6.8%増~今年は”守り”から”攻め”へ[HTML版]
4月18日 米中貿易摩擦の影響ともみられる深セン市場の下落[HTML版]
4月17日 海外上場テクノロジー大手の中国本土市場への回帰に熱視線[HTML版]
4月13日 再度、安値を更新したトルコ・リラ
~大統領や政府の選挙優先の政策が弊害に~
[HTML版]
4月12日 資金流入が期待される中国本土市場
~ストックコネクトを通じた投資の上限金額引き上げ~
[HTML版]
4月11日 最近の世界株式の不安定な動きと世界経済について[HTML版]
4月9日 中長期的な成長が期待されるフィンテック
~足元の株価下落は魅力的な投資機会に~
[HTML版]
4月4日 悪材料が相次ぎ、軟調となった米国ハイテク株[HTML版]
4月2日 4月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2018年3月
3月16日 株価バリュエーションから、
割安感がみられる日本株式
[HTML版]
3月9日 経済の変化を織り込む株式市場
~ある意味、産業構造の変化に自動対応~
[HTML版]
3月8日 分散投資における株式の取り扱い方
~GDPの成長を見通した配分も一助となるか~
[HTML版]
3月6日 ボラティリティが高まる環境下での
金への分散投資
[HTML版]
3月2日 本日の日本株式市場の下落について
~米保護主義の高まりを市場は懸念~
[HTML版]
3月1日 3月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2018年2月
2月26日 人生100年時代の資産運用
~お金の寿命をのばして長寿化に備える~
[HTML版]
2月23日 ブラジル政府は年金改革法案の採決を断念
~注目は景気動向や10月の選挙にシフト~
[HTML版]
2月19日 拡大が期待されるサイバーセキュリティ市場
~オリンピックとサイバー攻撃~
[HTML版]
2月19日 南アフリカの新大統領にラマポーザ氏が就任
~改革は時間を要するが、景況感は改善へ~
[HTML版]
2月14日 欧米で金融緩和の縮小が見込まれる中でも、
引き続き注目されるアジア新興国株式
[HTML版]
2月6日 最近の日米同時株安について
~米長期金利上昇で市場は動揺~
[HTML版]
2月5日 深セン市場を中心に、足元で軟調な中国株式
~深センの魅力が注目される契機となることも~
[HTML版]
2月2日 足元の米ドル安について[HTML版]
2月1日 2月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]
2018年1月
1月29日 市場の注目を集めると期待される
高成長新興企業
[HTML版]
1月29日 ルラ氏の大統領返り咲きの可能性は大きく低下
~政治は依然、不透明だが、景気は回復方向~
[HTML版]
1月23日 IMFの世界経済見通し~2018年、2019年ともに成長率予測は上方修正[HTML版]
1月22日 良好な環境を背景に、
上昇基調が続く新興国株式
[HTML版]
1月19日 中国の2017年実質GDP成長率は
政府目標を上回る前年比6.9%増
[HTML版]
1月18日 景気拡大の拡がりや金融緩和の縮小見通しなどを背景に堅調が見込まれるユーロ[HTML版]
1月15日 NAFTA再交渉や大統領選挙だけでなく、
治安状況なども注目されるメキシコ
[HTML版]
1月12日 過去の好パフォーマンス資産から考える[HTML版]
1月4日 大発会で大幅に上昇した日本株式
~今年は「戌笑う」となるか~
[HTML版]
1月4日 1月の金融政策、政治・経済イベント[HTML版]

 
投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
当資料は、日興アセットマネジメントが経済、市況ほか、投資環境などについてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
コメントをご覧いただくには


資料の閲覧には、Adobe Reader (無料)が必要です。左のバナーをクリックしてAdobeのページよりダウンロードしてください。


《PDFファイルをダウンロードしてご覧になりたい場合には》
Windowsをお使いの方 Macintoshをお使いの方
1. リンクを右クリック
2.「対象をファイルに保存」を選択
3. 保存する場所&ファイル名を指定
4. OKをクリック
5. ダウンロード開始

1.〈Optionキー〉+リンクをクリック
2. ダウンロード開始