沿革

旧 日興證券投資信託委託株式会社

1959年12月 会社設立(翌年4月営業開始)
1961年1月 「公社債投資信託」設定
1984年6月 ニューヨーク駐在員事務所設立
1987年4月 ロンドン駐在員事務所設立
1990年4月 シンガポール駐在員事務所設立

旧 日興国際投資顧問株式会社

1981年9月 会社設立
1987年2月 投資顧問業者登録
1987年6月 投資一任業者認可
1990年4月 厚生年金基金の運用に参入

日興アセットマネジメント株式会社

1999年4月 旧日興證券投資信託委託と旧日興国際投資顧問が合併し、日興アセットマネジメント発足
1999年8月 国内初のSRI(社会的責任投資)ファンド「日興エコファンド」設定※1
2000年3月 「国連環境計画(UNEP)」の環境と持続可能な発展に関する金融業界環境声明に署名
2001年1月 本社を東京都千代田区有楽町一丁目1番3号に移転
2001年7月 国内初の上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場※1
2003年8月 国内初の不動産投信(J-REITs)を組み入れた公募ファンド・オブ・ファンズを設定※1
2003年12月 資産運用会社として初めて中国の「適格外国機関投資家」(QFII)資格を取得※1
2004年8月 世界の優れた運用力を国内の投資家に提供する「ワールドシリーズ・ファンド・プラットフォーム」を展開
2005年2月 リッパー・ファンド・アワード・ジャパンにて『最優秀運用会社』を受賞
2005年2月 「適格外国機関投資家」(QFII)として中国A株に直接投資ができる世界初の追加型株式投資信託を設定※2
2007年4月 中国事業拡大に向け、融通基金管理有限公司の株式40%を取得
2007年9月 本社を東京都港区赤坂九丁目7番1号に移転
2007年11月 日興AMインターナショナル・インクと日興オルタナティブ アセットマネジメント・インクが合併し、日興アセットマネジメント アメリカズ・インク発足
2008年2月 資産運用に特化したカリキュラムを提供する『日興AMファンドアカデミー』を当社内に開校
2009年10月 住友信託銀行株式会社(現三井住友信託銀行株式会社)が当社株式の98.54%を取得
2010年2月 世界銀行が発行するグリーンボンドに投資する世界初の世銀との協同開発ファンドを設定※1
2011年3月 オーストラリア・ニュージーランドの資産運用会社ティンダル・インベストメント社の買収を完了
2011年9月 シンガポールの資産運用会社DBSアセットマネジメントの買収を完了
2011年9月 シンガポール大手金融機関DBS銀行と業務提携し、アジアにおける販売体制を強化
2011年10月 DBSアセットマネジメントの社名を日興アセットマネジメント アジアに変更
2013年3月 運用資産残高が15兆円を突破
2013年10月 豪トレジャリー・アジア・アセット・マネジメント・リミテッドを買収し、アジア株式運用体制を強化
2014年4月 福岡オフィス開設
2014年5月 日興アセットマネジメント アジア リミテッドが「人民元適格外国機関投資家」(RQFII)資格を取得
2014年7月 日興アセットマネジメント アジア リミテッドがRQFII資格に基づく人民元建て債券ファンドを設定
2014年8月 グローバル株式運用チームを獲得
2014年8月 シンガポールにグローバル・マルチアセット運用体制を構築
2014年9月 オーストラリアとニュージーランドのティンダル・インベストメント・マネジメントの社名を日興アセットマネジメントに統一
2015年3月 地政学リスクの調査・分析を行なう米ユーラシア・グループとパートナーシップ締結
2015年5月 運用資産残高が20兆円を突破
2015年8月 日本初のロボティクス関連企業に投資するファンド「グローバル・ロボティクス株式ファンド」を設定※1
2017年3月 日興アセットマネジメント アジア リミテッドが日興アセットマネジメントグループとして初めて日本国外でETFを上場※1
2017年8月 破壊的イノベーションに特化した米アーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシーに出資
2018年6月 「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」に賛同・署名
2019年1月 日興アセットマネジメント ヨーロッパ リミテッド ドイツ支店開設
2019年6月 監査等委員会設置会社へ移行
  • 日興アセットマネジメント調べ
  • 中華人民共和国内で設定された投資信託は除く(日興アセットマネジメント調べ)