物価が上昇するとお金の価値が目減りが目減り

物価の上昇は、「お金の価値の目減り」を意味します。モノの値段が上昇し続けると、同じ金額で買えるモノの量が減ってしまうため、実質的にお金の価値が減少したことになるからです。例えば、年率2%で物価上昇が進むと、現在の1,000万円の価値は5年後に906万円、10年後に820万円になると試算されます。また、金融商品で運用する場合、これらの利率より物価の上昇率の方が高いと、実質的なお金の価値は少なくなってしまいます。これまでは、物価が下落傾向だったので、「お金の価値の目減り」の心配をする必要はありませんでしたが、物価の上昇が現実味を帯びてくるようであれば、お金の目減りを緩やかにする工夫が必要でしょう。

ポイント!物価の上昇で同じ値段で買える量が少なくなったり、同じ値段では買えなくなることに!!

物価が上がると日本円が目減りする

物価上昇率と「お金の価値」の推移

物価上昇率と「お金の価値」の推移のグラフ
*上記は日興アセットマネジメントが作成したシミュレーションです
*万円未満は四捨五入

物価上昇時のイメージ

買えたものが買えなくなる!?

買えたものが買えなくなる!?のイメージ

お金を足さないと買えなくなる!?

お金を足さないと買えなくなる!?のイメージ
*費用や税金などを考慮していません。
*上図はイメージです。

消費者物価指数は「経済の体温計」
体温計物価は、国民のお金回りが良くなり、モノを買う人が多くなれば上昇率が高まり、逆にお金回りが悪くなり、モノを買う人が少なくなると、上昇率が下降する傾向にあります。その物価の変動がわかる消費者物価指数は「経済の体温計」とも呼ばれていて、さまざまな国内の経済政策を決める上で、非常に重要な指数として使われています。

※上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。


このページのTOPへ


  • ※当資料は、日興アセットマネジメントが物価の上昇についてお伝えすることなどを目的として作成した資料であり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、当資料に掲載する内容は、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。
  • ※掲載銘柄について売買などを推奨するものではありません。
  • ※投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産は為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。