安定感ある長男 NYダウETF 上場ダウ平均米国株(為替ヘッジあり)

日興アセットの「東証上場ETF」から、米国株のメジャーな指数の3つのETF、そして資産運用のクッション役である債券のETFをご紹介します。

まずは「米株3兄弟」の長男から。

「NYダウ」とは、米国を代表する優良企業30社を平均して算出する指数で、日本でいえば「日経平均株価」的な存在。

歴史も古く、日本のニュースでも日経平均と一緒に毎日報道される点で、最も身近な米国株へのインデックス投資です。

いわば、「米株3兄弟」の “皆が知っている安定感ある長男” といったところ。

なおこの銘柄は「為替ヘッジあり」で価格形成がされています。株価変動以外でETFの値段を左右する、その時々の為替変動の影響を極力減らしたタイプということです。

NYダウ ETFの上位10銘柄

NYダウETF 構成銘柄
※上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり(コード:2562)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

信頼のある次男 S&P500ETF 上場インデックスファンド米国株(S&P500)

次に「米株3兄弟」の次男をご紹介。

S&P500は米国を代表する500社程度を対象に算出する指数で、日本でいえば「TOPIX」的な存在。投資信託でも、この指数のインデックスファンドが人気のようです。

「米株3兄弟」のいわば、“実力たっぷり。信頼の次男” です。

なお、S&P500の「東証上場ETF」についてはプロ投資家のニーズも高いため、「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2本を上場させています。為替対策を別途手当てしたプロ投資家には「為替ヘッジなし」が便利なのでしょう。

S&P500 ETFの上位10銘柄

S&P500ETF 構成銘柄
※上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(コード:2521)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

元気な三男 ナスダック 100ETF 上場NASDAQ100米国株

次に元気な三男をご紹介。

NASDAQ(ナスダック)100 は、若く勢いのある新興企業をパッケージした指数。

最近ではニュースでも耳にするナスダック総合指数ですが、日興アセットが「東証上場ETF」にしたのは、金融株(または金融セクター)を除いた組入比率の高い100社だけで算出する「NASDAQ100」という指数です。

いわば、“伸び盛りの元気一杯の三男坊”といったところ。

なお、NASDAQ100の「東証上場ETF」についても、「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2本を上場させています。

NASDAQ(ナスダック)100 ETFの上位10銘柄

NASDAQ(ナスダック)100ETF 指数構成銘柄
※上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり(コード:2569)の運用状況をもとに、日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

ETFはどこの証券会社でも購入できます。

証券口座をお持ちの方は、株式注文と同様に銘柄コードで発注できます。

ページトップ