インデックスファンド

日興アセットのいろいろインデックスファンド

「インデックスファンド」とは、日経平均株価(日経225)や東証株価指数(TOPIX)など、ある市場全体の動向を表す指数(インデックス)に連動した運用成果を目指すファンドです。
日興アセットは、投資家の皆様のニーズに合致した様々なタイプのインデックスファンドの開発に先駆的に取り組んでおります。インデックスファンドの3つの特色はこちら

主要インデックスファンド一覧(ETF(上場インデックスファンド)除く)

 
国内 海外
  先進国 新興国
インデックスファンド225 インデックスファンドDAX30(ドイツ株式) インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
インデックスファンドJPX日経400 インデックスファンドNYダウ30(アメリカ株式)  
インデックスファンドJPX日経中小型株 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)  
インデックスファンドTSP インデックスファンド海外株式(ヘッジあり)  
インデックスファンド225(日本株式)    
インデックスファンドTOPIX(日本株式)    
インデックスファンド日本債券(1年決算型) インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)1年決算型 インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)
  インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)1年決算型  
オルタナティブ REIT インデックスファンド Jリート インデックスファンドUSリート(毎月分配型)  
  インデックスファンド欧州リート(毎月分配型)  
新資産   インデックスファンドUSハイブリッド優先証券(毎月分配型)  
  インデックスファンドBDC(毎月分配型)  
  インデックスファンドMLP(毎月分配型)  

インデックスファンドMLP(1年決算型)

※ETF(上場インデックスファンド)につきましては、こちらよりご覧いただけます。

インデックスファンドの3つの特色

  • 特色 ①簡単に分散投資が可能

    インデックスファンドは、構成銘柄や組み入れ比率が、連動を目指す指数に等しくなるように投資します。1つのインデックスファンドに投資することで、そのインデックスを構成する銘柄群に分散投資することになり、リスクを低く抑える効果が期待できます。

  • 特色 ②相対的に低い運用コスト

    インデックスファンドは、連動を目指す指数と同じ値動きをするように投資を行なうので、個別の銘柄を調査するコストがかかりません。このため、一般的に運用コスト(信託報酬など)が低く設定されており、長期投資にも適しています。

  • 特色 ③ 理解しやすいシンプルな商品設計

    インデックスファンドは日経平均株価(日経225)や東証株価指数(TOPIX)といった指数の動きに連動するように運用されていますので、値動きがわかりやすいのが特徴です。例えば、日経平均株価に連動する運用を目指すインデックスファンドであれば、日経平均株価が上昇すれば基準価額は上がり、日経平均株価が下がれば基準価額は下がります。

このページのTOPへ

当資料は、日興アセットマネジメントがインデックスファンドについてお伝えすることを目的として作成した資料です。
投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはなりません。
投資信託をお申込みの際には、投資信託説明書(交付目論見書)などを販売会社よりお渡ししますので、内容を必ずご確認の上、お客様ご自身でご判断ください。